ぐでんに候 けんか安兵衛事件帖

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040705378

ぐでんに候 けんか安兵衛事件帖

  • 著者 亀かずお
  • イラスト 宇野 信哉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040705378

天下の素浪人中山安兵衛。世のもめ事、万事一切仲裁つかまつる!

訳あって故郷の越後新発田を離れ、江戸で『よろず相談所』の看板をかかげ、喧嘩の仲裁をして小銭を稼ぐ好漢・中山安兵衛の人情と啖呵に彩られた活躍を描く物語。「駆け落ち騒動」「仇討指南」他全5編を収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ぐでんに候 けんか安兵衛事件帖」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 堀部安兵衛がまだ堀部安兵衛になる前、中山安兵衛だった頃、江戸の喧嘩に首を突っ込んでは小銭稼ぎをしていたお話。情報屋といいおかん婆さんといい、出てくるキャラがみんな憎めなくて良いキャラしてる。しかし別に 堀部安兵衛がまだ堀部安兵衛になる前、中山安兵衛だった頃、江戸の喧嘩に首を突っ込んでは小銭稼ぎをしていたお話。情報屋といいおかん婆さんといい、出てくるキャラがみんな憎めなくて良いキャラしてる。しかし別にこれ堀部安兵衛でなくても良いのでは?と思うぐらい史実の話は絡んでこない。腕が立つ、気の良いが飲兵衛の浪人が、江戸で喧嘩仲裁の役目を果たしてやっている日常の話として見るのが良いのかも。土曜日やってる1時間ぐらいの1クール時代劇のようで面白かった。 …続きを読む
    あさい
    2016年03月29日
    3人がナイス!しています
  • 赤穂浪士の堀部安兵衛の若き日々を描く。堀内道場の四天王にして喧嘩の仲裁が生業で無類の呑兵衛、人呼んでケンカ安。五代綱吉時代の江戸の人情がユーモアタップリに写される。 赤穂浪士の堀部安兵衛の若き日々を描く。堀内道場の四天王にして喧嘩の仲裁が生業で無類の呑兵衛、人呼んでケンカ安。五代綱吉時代の江戸の人情がユーモアタップリに写される。
    鈴木正大
    2015年04月27日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品