夏の方舟

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041028292

夏の方舟

  • 著者 海猫沢 めろん
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041028292

帰ってきたクラスメイトは「女」になっていた。奇才が描く欲望と葛藤の夏。

「わかりませんか。僕ですよ。久しぶりですね先輩」
かつてのクラスメートの男子は、ある夏、妖艶な女となって、突然、島に帰ってきた。
男たちに苦悩を呼び起こし、欲望にもだえさせるために。

瀬戸内海のある島に一人暮らしをしている水無月陸は、地域振興の一環として島巡りのガイドシステムを開発している。あるとき、港から続く道で、女性と見まがう男と出会う。彼の名は黒坂聖(せい)。かつてのクラスメートだった……その瞬間から陸の中に、苦い過去の記憶がよみがえり、淫靡な欲望が芽生え始める。(「水のかげふみ」)。 同僚と訪れた秘密クラブでは、毎週金曜日に過激なSMショーが繰り広げられていた。男はその異常な空間の中で、ある女に似た美しい男「S」にのめり込んでいく……(「サロメは金曜日」)ほか、一人の美しい男を巡る、淫靡で狂おしい葛藤劇。奇才・海猫沢めろんが描く、限りなく透明でj純粋な欲望の行く着く先。そこは楽園か、絶望か…・・。

もくじ

第一話 「夏の方舟」 
 第一章 水の影踏み
 第二章 夏の刺青

第二話 「サロメのいない金曜日」

第三話 「こどもたちの素数」


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夏の方舟」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • BL小説・・なのかなぁ?それにしても透明感を感じつつ、切れそうな繊細さをあわせもつ文章です。3話からなる連作短編集。最初の一話は島の自然さ、そこで暮らす若者のあいまいさ、たくらみ。積み重ねたその綺麗な BL小説・・なのかなぁ?それにしても透明感を感じつつ、切れそうな繊細さをあわせもつ文章です。3話からなる連作短編集。最初の一話は島の自然さ、そこで暮らす若者のあいまいさ、たくらみ。積み重ねたその綺麗な文章を叩き壊す性と暴力。すっかりのめりこんでしまいました。3話目は私にはあわなかったですが、何とも夢の中にいるような危険な香りの本でした。・・・・読み手を選ぶでしょうけど、私はかなり好きです。 …続きを読む
    ナミのママ
    2016年07月09日
    53人がナイス!しています
  • 帯の乙一さんに乗せられて手に取った作品がBL風味でちょっぴり驚きだった作品。性別を超越した魔性の魅力を持つ黒坂聖を巡る連作短篇集。BLそしてSM要素強めで怪しさ&そこそこのえげつなさ(痛い系)はあるん 帯の乙一さんに乗せられて手に取った作品がBL風味でちょっぴり驚きだった作品。性別を超越した魔性の魅力を持つ黒坂聖を巡る連作短篇集。BLそしてSM要素強めで怪しさ&そこそこのえげつなさ(痛い系)はあるんだけど、そんなにエロさは感じずさらりと読みやすかった。BL特有の、女よりも女々しいんちゃう?と言いたくなるような、じめっとした感情のやり取りが少ないからかもしれない。男性作家さんがBLを書くとこうなるんだな~と、なんかとてもしっくり納得。一番好きなのは『こどもたちの素数』で、彼等の続きが読みたいなと思った。 …続きを読む
    おかだ@低空飛行中
    2019年01月25日
    52人がナイス!しています
  • 女装すると女にしか見えない黒坂聖の魅力に取り憑かれた人達が、一時はおかしくなるが前に進める短編集。 どの話も耽美で残酷で目を逸らせない。 「本当の愛ってなにもかも区別しないことでしょ」という欧介くんの 女装すると女にしか見えない黒坂聖の魅力に取り憑かれた人達が、一時はおかしくなるが前に進める短編集。 どの話も耽美で残酷で目を逸らせない。 「本当の愛ってなにもかも区別しないことでしょ」という欧介くんのお姉ちゃんの言葉が良かった。 一言では言い尽くせない読了感。 …続きを読む
    箕田 悠
    2017年11月24日
    38人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品