ランウェイ 下 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年01月24日
商品形態:
電子書籍

ランウェイ 下

  • 著者 幸田 真音
発売日:
2015年01月24日
商品形態:
電子書籍

情熱を胸に自分の人生を切り拓いていく! 女性版爽快起業ストーリー

バイヤーとして仕事の手応えを感じる真昼は、高級セレクト・ショップに転職。だが、金融危機の影響で親会社が事業からの撤退を決める。失意のままニューヨークに辿り着き見つけた新たな目標とは――。

※本作品は、二〇一一年九月に集英社より刊行された単行本『ランウェイ』を上・下刊に分冊した文庫が底本です。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ランウェイ 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 上巻から続けて読みました。 ファッション業界の、華やかな部分と厳しい部分のそれぞれで、ショップ店員からブランドバイヤー、セレクトショップバイヤーを経て、クリエイティブディレクターへとステップアップして 上巻から続けて読みました。 ファッション業界の、華やかな部分と厳しい部分のそれぞれで、ショップ店員からブランドバイヤー、セレクトショップバイヤーを経て、クリエイティブディレクターへとステップアップしていく主人公の真昼の活躍が微笑ましかったです。 幸田真音さんらしい、優しく柔らかみのある作品でした。 …続きを読む
    Walhalla
    2016年09月01日
    20人がナイス!しています
  • ファッション業界の、華やかな部分と厳しい部分のそれぞれが見てきたかのように描かれています。主人公の真昼はショップ店員からブランドバイヤー、セレクトショップバイヤーを経て、クリエイティブディレクターへと ファッション業界の、華やかな部分と厳しい部分のそれぞれが見てきたかのように描かれています。主人公の真昼はショップ店員からブランドバイヤー、セレクトショップバイヤーを経て、クリエイティブディレクターへとステップアップしていきます。困ったときには不思議と外国人の手が差し伸べられますが、事業計画などは思わずのめり込むほどに上手に描かれていました。スピード感も申し分なく多いに楽しめました。 …続きを読む
    Totchang
    2019年08月02日
    12人がナイス!しています
  • 下巻も再読。私が社会人となった1970年、東京出身の同僚はおしゃれにアイビー・ファッションに身を包んでいました。ヴァンヂャケット(VAN)」の創業者の石津謙介氏もこの作品の主人公柏木真昼のように、人を 下巻も再読。私が社会人となった1970年、東京出身の同僚はおしゃれにアイビー・ファッションに身を包んでいました。ヴァンヂャケット(VAN)」の創業者の石津謙介氏もこの作品の主人公柏木真昼のように、人を飾りたいとの志が大きかったのでしょうね。ストーリーはとにかくスピーディーで休む暇もなく、ページからページへと驚くべき展開をしていきました。また来年も読むかもね。 …続きを読む
    Totchang
    2020年10月21日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品