激安食品の落とし穴

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年10月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046533395

激安食品の落とし穴

  • 著者 山本 謙治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年10月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046533395

安い食べ物には、安いだけの理由がある!

298円の弁当、3パック57円の納豆……。なぜ、安い価格で食べ物が提供できるのか? そこには、第一次産業からの買いたたき、水増し、添加物による代替など、日本の食文化を脅かす「罠」が隠されていた――。

もくじ

第1章 弁当―298円、激安価格の謎を追う!
第2章 ファストフード―ハンバーガーはなぜ安い?
第3章 納豆・豆腐―止まらぬ価格破壊、正当な価格はいくらだ?
第4章 たまご―「物価の優等生」ではなくなる時代が来るか?
第5章 ハム・ソーセージ―それ、本当に「肉」ですか?
第6章 惣菜―食卓の救世主となり得るか?
第7章 調味料―食文化を考えるなら醤油や油に投資を!
第8章 日本の「食料自給率」と「食料自給力」を考える
第9章 消費者だけが食のあり方を変えられる


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「激安食品の落とし穴」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • {2015年} 安いものにはそれなりの「安い理由」があって、高いものには存在しないある種の欠落があるものなのだ。「ある商品がえらい安い」と思ったら、「材料の原価を下げる」(品質の低いものを選ぶ)、「人 {2015年} 安いものにはそれなりの「安い理由」があって、高いものには存在しないある種の欠落があるものなのだ。「ある商品がえらい安い」と思ったら、「材料の原価を下げる」(品質の低いものを選ぶ)、「人をいじめる」(人件費を下げる、取引先をいじめる)、「ウソをつく」(偽装)のどれかに当てはまる。餃子やハンバーガー(外食店)、298円弁当、納豆や豆腐やたまご(日配品)、の他ハム・ソーセージ、惣菜、調味料などにも触れている。何らかのカラクリがなければあの価格はあり得ない訳ですよ! …続きを読む
    スパシーバ@日日是決戦
    2015年12月06日
    131人がナイス!しています
  • 仕事の本。事実を知る事が現状改善に繋がるという考え方と現実的な実証主義に共感した。食品は衛生管理が難しい反面過当競争になり易く、安全を得るには作り手の誠実さを確保する意思が必要だ。又本書に詳しい様に、 仕事の本。事実を知る事が現状改善に繋がるという考え方と現実的な実証主義に共感した。食品は衛生管理が難しい反面過当競争になり易く、安全を得るには作り手の誠実さを確保する意思が必要だ。又本書に詳しい様に、安過ぎる食品が本来の品位の物を駆逐してしまう現実がある。このままではニセモノしか残らない。安全と品位は流れに身を任せていては得られない。価値観は多様で100%の正解は無くても、自分たちで議論して決める事に慣れる必要がある。簡単ではないが、膨大な「流れに身を任せる故のコスト」を減らす道でもある。 …続きを読む
    ホークス
    2018年02月12日
    42人がナイス!しています
  • 確かに、私たちは安いものを追い求めてしまう。それはここでも一つの例としてあげられている、スーパーマーケットの存在がある。そして、それが結果的に本来ものと違った製品となってしまっている現実。元々、それが 確かに、私たちは安いものを追い求めてしまう。それはここでも一つの例としてあげられている、スーパーマーケットの存在がある。そして、それが結果的に本来ものと違った製品となってしまっている現実。元々、それが当たり前とされれば問題ないのかもしれないが、それでは、あまりにも寂しい。食文化というように、れっきとした文化なのである。個人的には、油が一番の関心事なのだが、たまごも醤油も酢も気になる。安いものを疑っていた時代もあったように思う。どこからか、バランスが崩れてしまったのだろう。 …続きを読む
    fwhd8325
    2015年12月24日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品