第十二の予言 決意のとき

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041025093

第十二の予言 決意のとき

  • 著者 ジェームズ・レッドフィールド
  • 訳者 山川 紘矢
  • 訳者 山川 亜希子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041025093

重大な秘密が隠された古文書はどこに……?「聖なる予言」シリーズ第4弾!

霊的学びの重大な秘密が記された古文書の一部を手に入れた私とウィルは、全12部あるというその謎の古文書を探す旅に出る。導かれたのはパワースポットとして名高いセドナ。そこで突然目の前に現れた人々とは……!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「第十二の予言 決意のとき」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「聖なる予言」の四作目。舞台はアリゾナ州のセドナとエジプトのシナイ山。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教各々の宗教対立を越えて和解し、その統合の必要性を強調。高次の意識持ち、エネルギーを放出し、アライメ 「聖なる予言」の四作目。舞台はアリゾナ州のセドナとエジプトのシナイ山。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教各々の宗教対立を越えて和解し、その統合の必要性を強調。高次の意識持ち、エネルギーを放出し、アライメント(霊的な法則との繋がり)を保つことによって、その対立は越えられと。つまり、その時に神の存在を意識するだけではなく、神との繋がりを実感することによって対立は解消して来ると。三大宗教に共通するハルマゲドンはマヤ暦の予言と重なって一時騒々しくなったが、この十二の学びによって克服できるとしている。 …続きを読む
    父帰る
    2015年09月21日
    4人がナイス!しています
  • 聖なる予言シリーズということで第十一の予言に引き続き読んだ。スピリチュアル本としては聖なる予言で十分だし、冒険小説としてはイマイチ盛り上がりに欠ける内容だった。続きがありそうな終わり方だったが、続きは 聖なる予言シリーズということで第十一の予言に引き続き読んだ。スピリチュアル本としては聖なる予言で十分だし、冒険小説としてはイマイチ盛り上がりに欠ける内容だった。続きがありそうな終わり方だったが、続きは気にならない。 …続きを読む
    TPBON
    2017年05月20日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品