第十の予言

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784042693024

第十の予言

  • 著者 ジェームズ・レッドフィールド
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784042693024

ペルーの森林で「すべては偶然ではない」ことを学んだ著者。霊的存在としての人類は、なぜ地球上に出現したのか。そしてこれから何処に向かおうとしているのか。世界的ベストセラー『聖なる予言』の続編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「第十の予言」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「聖なる予言」の続編。今回は主に輪廻転生をテーマとした物語だった。アメリカの大自然が舞台で、そこで出会う人と主人公とは前世でも因縁があり・・・。要は、過去の人生で心残りだったことを解決するという使命を 「聖なる予言」の続編。今回は主に輪廻転生をテーマとした物語だった。アメリカの大自然が舞台で、そこで出会う人と主人公とは前世でも因縁があり・・・。要は、過去の人生で心残りだったことを解決するという使命を持って、親を自分で選んで自分は生まれてくる。でもその使命はだいたい忘れてしまい、何かのきっかけで思い出したりビジョンを見たりする・・・らしい。前作同様、フィクションという形をうまく使っていると思う。 …続きを読む
    シュンスケ
    2015年12月05日
    12人がナイス!しています
  • 『聖なる予言』に続く「予言」シリーズ第2作目。1996年作品。 前作では、一冊の中に第一から第九の予言と名づけられた著者からのメッセージが書かれていましたが、今作では、第十の予言のみ。 と言っても、テ 『聖なる予言』に続く「予言」シリーズ第2作目。1996年作品。 前作では、一冊の中に第一から第九の予言と名づけられた著者からのメッセージが書かれていましたが、今作では、第十の予言のみ。 と言っても、テーマは大きく二つあって、人にはそれぞれ生まれてきた意味がある、と、今課関わりのある人達は問題のある人達を含め過去世(前世)でも関わりのあった人達である、ということ。 スピリチュアルな内容をかきながらも、本職はセラピストだという著者らしい作品ですが、物語としてはかなりとんでもないので、読んで疲れました。 …続きを読む
    キー
    2018年08月03日
    7人がナイス!しています
  • 聖なる予言の続編である。体裁は冒険小説。この世には本当の敵はいないこと。森林の神秘な深奥さと野性動物の不思議さを人類が忘れていること。この世とあの世の関係ついての気づきの大切さ言及ていること。バースビ 聖なる予言の続編である。体裁は冒険小説。この世には本当の敵はいないこと。森林の神秘な深奥さと野性動物の不思議さを人類が忘れていること。この世とあの世の関係ついての気づきの大切さ言及ていること。バースビジョン、つまり、この世に生まれた目的と使命を思い出すこと。残念ながら、私には、このバースビジョンは見えないし、思い出せない。勿論、あの世も見たことはないが、否定はしない。輪廻転生もあってもおかしくないと思う。いずれにしても本書はこう言った問題を扱っている。興味ある人にはお薦めできる。 …続きを読む
    父帰る
    2015年08月30日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品