角川文庫

ブラックミステリーズ 12の黒い謎をめぐる219の質問

世界的人気のカードゲーム「ブラックストーリーズ」初の小説化!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041023822
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

ブラックミステリーズ 12の黒い謎をめぐる219の質問

世界的人気のカードゲーム「ブラックストーリーズ」初の小説化!

  • 著者 河野 裕
  • 監修 安田 均
  • 著者 友野 詳
  • 著者 秋口 ぎぐる
  • 著者 柘植 めぐみ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041023822

世界的人気のカードゲーム「ブラックストーリーズ」初の小説化!

今宵は推理をしていただきます。ある館に呼ばれたのは「運転手」「投資家」「詩人」「船長」。一人一人が謎を提示し、会話の中から真相を当てるワンナイトゲームが始まった。語られるのは創作か真実か!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ブラックミステリーズ 12の黒い謎をめぐる219の質問」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 短いフレーズで謎を提示し、それにYESかNOで回答できる質問を繰り返すことで謎の真相を当てる推理ゲーム。そんな推理ゲームを楽しむ食事会に招かれた主人公達が語る謎とは??友達の話なんだけど、、で始まる話 短いフレーズで謎を提示し、それにYESかNOで回答できる質問を繰り返すことで謎の真相を当てる推理ゲーム。そんな推理ゲームを楽しむ食事会に招かれた主人公達が語る謎とは??友達の話なんだけど、、で始まる話が自分の話であることはよくあるし、伏線があるわけではないので、カタルシスもそこまでではない。この話の一番の魅力は、やはりこのゲームそのものにある気がする。実際に発売もされてるようなので、、機会があればやってみたいかも! …続きを読む
    hnzwd
    2015年04月29日
    36人がナイス!しています
  • 出題者が発した一行か二行程度の文章に、回答書たちが質問(イエスかノーで答えられるもの)をして、その全貌を推理する、というゲームに興じる一夜を描いた一冊。ミステリーの短編が並んだような作りで、少しずつ読 出題者が発した一行か二行程度の文章に、回答書たちが質問(イエスかノーで答えられるもの)をして、その全貌を推理する、というゲームに興じる一夜を描いた一冊。ミステリーの短編が並んだような作りで、少しずつ読み進められるのが楽しかった。作品の構成は似通っているが、複数の作家による競作なので、それぞれの雰囲気が異なり、飽きずに読めたのも嬉しい。 …続きを読む
    瀧ながれ
    2015年05月01日
    23人がナイス!しています
  • 読了。イエスとノーで解かれていくシンプルな謎に隠される人の罪を集めた物語。大元のゲームがあるようですが、こちらは知りませんでした。全体の構成は例えるならば、星座とその解説のあとにちょっとしたSSを付け 読了。イエスとノーで解かれていくシンプルな謎に隠される人の罪を集めた物語。大元のゲームがあるようですが、こちらは知りませんでした。全体の構成は例えるならば、星座とその解説のあとにちょっとしたSSを付けた感じになり、嫌いではないです。物語としてもそれぞれ担当の人物がいてアンソロジー的なのも良いですし、ゲームも実際にやってみると個性が垣間見れそうで面白そうではあります。ただ、今作では問題に魅力がなく、人の悪意に於いてはありきたりのまま収まっているのがやや残念。もし次があるのならばもう少し冒険しても良いのでは。 …続きを読む
    のいじぃ
    2015年07月22日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品