角川文庫

ラブコメ

ごはん大好き小説家と漫画家が楽しくも過酷な稲作初体験!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
178
ISBN:
9784041023068
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

ラブコメ

ごはん大好き小説家と漫画家が楽しくも過酷な稲作初体験!

  • 著者 原田 マハ
  • 著者 みづき 水脈
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
178
ISBN:
9784041023068

ごはん大好き小説家と漫画家が楽しくも過酷な稲作初体験!

日本人が何より好きな白いご飯。今、目指すは自給自足生活――!? とにかく一度作ってみようと、楽しくも過酷な米作り体験ををつづる。ごはん愛にあふれたエッセイ(原田マハ)+コミック(みづき水脈)。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ラブコメ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ラブコメディを略してラブコメ。原田さんは直球の題名を付けるなぁ、と思っていたが、コメはコメでも米のラブ米。それも小説ではなく、震災の年、日本農業新聞に小説を連載することなり、そして実際に米作りを体験す ラブコメディを略してラブコメ。原田さんは直球の題名を付けるなぁ、と思っていたが、コメはコメでも米のラブ米。それも小説ではなく、震災の年、日本農業新聞に小説を連載することなり、そして実際に米作りを体験することになったときのことを書いたエッセイだった。エッセイらしく小説とは違った少しくだけた文章で、原田さんたちの米作りを楽しく、かつ興味深く読むことができた。後半は、原田さんといっしょに米作りをしたみづき水脈さんのマンガとなっていて、原田さんのエッセイとみづきのマンガで米作りの様子が、より理解することができた。 …続きを読む
    hiro
    2015年11月26日
    134人がナイス!しています
  • 原田マハさんが書くラブコメってどんなだろう?とワクワクが、見事に外されました、だって、ラヴ米です(笑)『生きるぼくら』を読んだ後でしたから違和感なくいけました。生きる~が、震災の日に連載を始めていた 原田マハさんが書くラブコメってどんなだろう?とワクワクが、見事に外されました、だって、ラヴ米です(笑)『生きるぼくら』を読んだ後でしたから違和感なくいけました。生きる~が、震災の日に連載を始めていたのは初めて知りました。あの日から日本人は変わりましたよね「お米さえあれば、どんなことがあっても大丈夫です」この言葉は刺さりました。DNAに刻み込まれている「米」へ思い、大事にしたいです。姫川亜弓ver案山子見てみたいです(笑)内容は読んでのお楽しみ。要するに愛米美飯(アイマイミイ)です。 …続きを読む
    まろんぱぱ
    2015年10月29日
    75人がナイス!しています
  • 「生きる ぼくら」を読み終わり、その流れで。原田さんが農営を題材にして作品を作る上で実体験をした時のエッセイ。私も稲作の知識は原田さんと同じくらいだったので、種籾から脱穀まで、ほぼ一年を通しての大変さ 「生きる ぼくら」を読み終わり、その流れで。原田さんが農営を題材にして作品を作る上で実体験をした時のエッセイ。私も稲作の知識は原田さんと同じくらいだったので、種籾から脱穀まで、ほぼ一年を通しての大変さがわかった。普段、何気なく食べてる米粒も農家の方々の努力があっての事だと身にしみて感じた。一緒に参加した、みずき水脈さんの漫画もあり、より分かりやすく描かれいる。 …続きを読む
    ハサウェイ
    2015年12月06日
    71人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品