ここまでわかった! 卑弥呼の正体

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年10月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784046010322

ここまでわかった! 卑弥呼の正体

  • 編 『歴史読本』編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年10月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784046010322

卑弥呼は人名ではなかった? 9つの説で実像に迫る!

邪馬台国の統治者・卑弥呼は何者なのか? 本書では天照大神説、神功皇后説、朝鮮半島の公孫氏説、卑弥呼機関説など、卑弥呼の正体について9つの説を紹介。(『歴史読本』2014年7月号の文庫化)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ここまでわかった! 卑弥呼の正体」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 卑弥呼に関して記紀で言うと誰だろうという候補を紹介しているのが前半で、後は魏志倭人伝とかからの憶測や古墳のことを書いている。第1説目の天照大神説が一番面白かくて、なるほどなと思うものの、結局全くわかっ 卑弥呼に関して記紀で言うと誰だろうという候補を紹介しているのが前半で、後は魏志倭人伝とかからの憶測や古墳のことを書いている。第1説目の天照大神説が一番面白かくて、なるほどなと思うものの、結局全くわかってないのが実情だなと思いました。新資料が出てこない限り憶測の域はまず出ない。伴野さんが何かの本で書かれてたように三国志の原本でも出土したら変わってくるかもしれない。 …続きを読む
    BIN
    2016年06月02日
    7人がナイス!しています
  • 色んな説が紹介されていて面白かった。一般的には箸墓古墳=卑弥呼の墓説が有力だろうけど、九州説も説得力あるし、ますます謎が深まる~。個人的には出雲族説(唐古・鍵遺跡が邪馬台国)がいいな~と思った。 色んな説が紹介されていて面白かった。一般的には箸墓古墳=卑弥呼の墓説が有力だろうけど、九州説も説得力あるし、ますます謎が深まる~。個人的には出雲族説(唐古・鍵遺跡が邪馬台国)がいいな~と思った。
    みにみに
    2015年01月07日
    4人がナイス!しています
  • 邪馬台国はどこか?という疑問があれば、当然、卑弥呼は誰か?という疑問も生じる。書名としては前者が圧倒的に用いられるが、論考の対象として後者も決して前者に劣るはずはない。第1部の冒頭に安本美典氏を配した 邪馬台国はどこか?という疑問があれば、当然、卑弥呼は誰か?という疑問も生じる。書名としては前者が圧倒的に用いられるが、論考の対象として後者も決して前者に劣るはずはない。第1部の冒頭に安本美典氏を配したのは当然。氏は古代史研究の当初から卑弥呼にも注目し『卑弥呼の謎』を昭和47年に既に出している。欲を言えば、「研究史卑弥呼」的な構成に徹したほうが良かったのかも。第2部は、恐らく読者サービスなのだろうが、蛇足気味か?ともあれ、邪馬台国について考える上での〝座右の書〟としての資格は十分備えていると言っていい。 …続きを読む
    hyena_no_papa
    2019年08月29日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品