時代小説アンソロジー 春はやて

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041020678

時代小説アンソロジー 春はやて

  • 著 平岩 弓枝
  • 著 藤原 緋沙子
  • 著 柴田 錬三郎
  • 著 野村 胡堂
  • 著 岡本 綺堂
  • 編 縄田 一男
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041020678

江戸の春、5編を収録!

幼馴染みのおまつとの約束をたがえ、奉公先の婿となり主人に収まった吉兵衛は、義母の苛烈な皮肉を浴びる日々だったが、おまつが聖坂下で女郎に身を落としていると知り……(「夜明けの雨」)。他4編を収録。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「時代小説アンソロジー 春はやて」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アンソロジーなんていうものは勿体ないと常々思っている。が、読み友さんの春夏秋冬の・・ってレビューにちょっと読んでみるかと。平岩さんと藤原さんは昔の私の愛読書の作者だし眠狂四郎や銭形平次に半七捕物帳はT アンソロジーなんていうものは勿体ないと常々思っている。が、読み友さんの春夏秋冬の・・ってレビューにちょっと読んでみるかと。平岩さんと藤原さんは昔の私の愛読書の作者だし眠狂四郎や銭形平次に半七捕物帳はTVでお馴染みさん。頭の中が軽くなっている今、丁度いい刺激になった。さて次はどの辺の本に手を出そうかな。水声か・・忘れ物が届きますか・・ …続きを読む
    はつばあば
    2017年07月18日
    66人がナイス!しています
  • 全編、桜の咲く頃の出来事。全て読みごたえが有る。初読は野村胡堂さん、銭形平次‼懐かしい昭和の時代劇の映像が浮かぶ、本編も読んでみたい。 全編、桜の咲く頃の出来事。全て読みごたえが有る。初読は野村胡堂さん、銭形平次‼懐かしい昭和の時代劇の映像が浮かぶ、本編も読んでみたい。
    朝顔
    2016年05月01日
    48人がナイス!しています
  • 春夏秋冬の時代小説アンソロジー、春だけ未読だったので、見つけてすぐに購入。藤原さんの作品だけ既読だったけど、好きな話。平岩さんの一途な娘(女)心を描いたのもイイ。「眠狂四郎」「銭形平次」シリーズは読ん 春夏秋冬の時代小説アンソロジー、春だけ未読だったので、見つけてすぐに購入。藤原さんの作品だけ既読だったけど、好きな話。平岩さんの一途な娘(女)心を描いたのもイイ。「眠狂四郎」「銭形平次」シリーズは読んだことがないので、おお、こういう雰囲気なのかと。狂四郎は田村正和さんや片岡孝夫(今は仁左衛門か)が映像で浮かぶ。平次親分はです、ます調の文章でビックリ!そして「ローズもの」という言葉にまたビックリして、最後にまたビックリ! 解説を読んで、これもありなのかとようやく納得。このシリーズは表紙も綺麗なので好き。 …続きを読む
    オスカー
    2017年07月11日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品