ひとごと

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041020401

ひとごと

  • 著者 森 浩美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041020401

悲しいニュースが”他人事(ひとごと)”でなくなったら……

交通事故で幼い息子を失って以来、亀裂のできた夫婦の縁を描いた「桜ひらひら」。妻が娘を残して家出。イクメンとして有名だった夫だったが、実際は何もできず・・・「仮面パパ」。一見バラバラな8つの物語は、幼い息子を虐待して殺してしまった母親のニュースに触れる8組の人々を巡っていく―ー。それは”ひとごと”と言い切れるのか。それぞれの人生の一片を、温かくも鋭い眼差しで切り取り、家族の絆を描く感動の号泣小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ひとごと」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 森さんの素晴らしい人情溢れるシリーズも遂に手持ちがなくなってしまいました…。タイトルにあるようにどこか'ひとごと'ではありながら、冷たく突き放すことなく、しっかりと支え、手をさしのばしてくれる物語に涙 森さんの素晴らしい人情溢れるシリーズも遂に手持ちがなくなってしまいました…。タイトルにあるようにどこか'ひとごと'ではありながら、冷たく突き放すことなく、しっかりと支え、手をさしのばしてくれる物語に涙腺が緩んでしまいます。自分のかつてないメンタルの下降線を励まし、支えてくれた森さんの作品群に改めて感謝しています。通常の'元気'なトキに読んでももちろん感動はしたでしょうが、こんなにもココロに響き、染み渡ってくれたかは疑問です。号泣するだけが感動の全てではなく、しんみりとなるのも感動の表し方の一つですよね。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2017年02月05日
    134人がナイス!しています
  • はじめましての森さん。でもこの名前には見覚えあり!と思ったら、SMAPの歌の作詞をたくさんしてる方でした。連作というほどでもなく微妙に繋がっている短編たち。全体的に、もう少し深く描いて欲しかったとも思 はじめましての森さん。でもこの名前には見覚えあり!と思ったら、SMAPの歌の作詞をたくさんしてる方でした。連作というほどでもなく微妙に繋がっている短編たち。全体的に、もう少し深く描いて欲しかったとも思うが、でも泣いたから。テーマと言うか、どうしても泣いてしまう要素を含んでいるので仕方ない。裏に「号泣小説」と書くのはやめたほうがいいんじゃないかと思う。号泣した私が言うのもなんですが。 …続きを読む
    さおり
    2015年11月02日
    85人がナイス!しています
  • 初読みの作家さん。8つの短編に共通するのは、家族に厄介ごとを抱えながら必死に生きている主人公が、世間で起きている家族を殺める残虐なニュースを決して「ひとごと」には思えなくなる心情を綴っているところです 初読みの作家さん。8つの短編に共通するのは、家族に厄介ごとを抱えながら必死に生きている主人公が、世間で起きている家族を殺める残虐なニュースを決して「ひとごと」には思えなくなる心情を綴っているところです。家族の数だけ物語があり、良くも悪くも、今も昔も、好きでも嫌いでも、人間の最小の集合体は、「家族」。その絆を絶やさないことが希望に繋がっていくという、素敵な作品でした。余談ですが、森浩美さんは男性であること、SMAPにもたくさん曲を提供されている有名な作詞家さんでもあることを後で知りました。 …続きを読む
    やせあずき
    2016年03月06日
    80人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品