試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
608
ISBN:
9784041019672

ザ・カルテル 下

  • 著者 ドン・ウィンズロウ
  • 訳 峯村 利哉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
608
ISBN:
9784041019672

正義は存在せず、人命は紙よりも軽い。壮絶なこの戦争に終わりはあるのか?

捜査陣の中に、裏切り者がいる。選び抜かれたメンバーの誰が? 密かに調査を進めたケラーは、驚愕の事実に対峙する。そんな中、バレーラが次なる狙いと定めたシウダドフアレスでは、対立する勢力が衝突し、狂気と混沌が町を支配していた。家族が引き裂かれ、命と尊厳が蹂躙される。この戦争は、誰のためのものなのか。圧倒的な怒りの熱量で、読む者を容赦なく打ちのめす。21世紀クライム・サーガの最高傑作。

メディアミックス情報

NEWS

「ザ・カルテル 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 凄まじい規模の暴虐に発展する下巻。正邪も善悪も全部混沌に呑み込まれた物語で、ケラーが下していく決断の数々が重くもあり、ふさわしい。上巻からすでに感じられたアダンの変容が、こういう終着点を迎えるとは。と 凄まじい規模の暴虐に発展する下巻。正邪も善悪も全部混沌に呑み込まれた物語で、ケラーが下していく決断の数々が重くもあり、ふさわしい。上巻からすでに感じられたアダンの変容が、こういう終着点を迎えるとは。とにかく壮絶。マグダやイベッテ、マリソルやヒメナといった独立志向の女性キャラへの扱いは一概に容赦なく、そんな中で、唯一籠の鳥的存在だったエバが一際不気味に目立つ。エディの一歩引いた目線と、対比のようにパブロの物語を組み込んだのも大成功。何かで続編がある?というのを見た気がするが、気のせいだったか? …続きを読む
    W-G
    2018年04月30日
    397人がナイス!しています
  • 下巻に入っても、殺戮の日々が続く。 メキシコを舞台にした麻薬抗争 、どこまでが 真実に基づくのか..誰が敵で 誰が味方か わからない状態で ひたすら殺人が続くこの物語.. 正直気分の良いものではないが 下巻に入っても、殺戮の日々が続く。 メキシコを舞台にした麻薬抗争 、どこまでが 真実に基づくのか..誰が敵で 誰が味方か わからない状態で ひたすら殺人が続くこの物語.. 正直気分の良いものではないが、 現代のメキシコの惨状を 中米の今を描いているのだろうか。最後も 心落ち着かない幕切れだった。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2016年12月31日
    250人がナイス!しています
  • 延々と続く麻薬闘争。1つの大きなカルテルが壊滅してもまた新たに生まれ、鎬を削り、利益と勢力を伸ばし続ける。これはメキシコの果てることのない暗黒神話だ。後半はもう殺戮の嵐だ。5人が10人、10人が15人 延々と続く麻薬闘争。1つの大きなカルテルが壊滅してもまた新たに生まれ、鎬を削り、利益と勢力を伸ばし続ける。これはメキシコの果てることのない暗黒神話だ。後半はもう殺戮の嵐だ。5人が10人、10人が15人、20人、30人、50人…。屍の山が累々とメキシコ各地で築かれる。メキシコを牛耳ろうとした麻薬カルテル達の戦国時代絵巻。前作『犬の力』にも劣らない、いやそれ以上の熱気とそして喪失感を持った続編。作者は前作以上の怒りを込めて筆をこの作品に叩きつけた。メキシコの暗黒史は今なお続いている。世界は実に哀しすぎる。 …続きを読む
    Tetchy
    2016年11月23日
    176人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品