眺望絶佳

眺望絶佳

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041018095
label

眺望絶佳

  • 著者 中島 京子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2015年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041018095

東京タワーがスカイツリーに変わる時。もの悲しくも優雅な東京短篇集。

自分らしさにもがく人々の、ちょっとだけ奇矯な日々。客に共感メールを送る女性社員、倉庫で自分だけの本を作る男、夫になってほしいと依頼してきた老女。中島ワールドの真骨頂! 自分らしさにもがく人々の、ちょっとだけ奇矯な日々。客に共感メールを送る女性社員、倉庫で自分だけの本を作る男、夫になってほしいと依頼してきた老女。中島ワールドの真骨頂!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「眺望絶佳」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • プロローグにスカイツリーからの往信、そしてエピローグには東京タワーからの返信。間には、東京を舞台にしたちょっと不思議な8つの短篇といった珍しい構成をとる。オスマンの大改造で美しく整ったパリのようではな プロローグにスカイツリーからの往信、そしてエピローグには東京タワーからの返信。間には、東京を舞台にしたちょっと不思議な8つの短篇といった珍しい構成をとる。オスマンの大改造で美しく整ったパリのようではないけれど、なんだか雑然・混沌としたところもあちこちにあるけれど、無機質でつまらないビルもいたるところにあるけれど、それでも(あるいはそれ故にか)東京は魅力的な街である。本書は、中島京子が正攻法ではなく語る東京讃歌である。私はといえば、自分の年齢からも、もろ手を挙げて東京タワーのノスタルジーを支持します。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2022年01月28日
    412人がナイス!しています
  • ふむふむ、なんだかちょっと不思議でモヤモヤする短編集だなぁと思いつつ。ラストの東京タワーからの書簡で、ストンとモロモロが納得できるような。中島さんて、独特の雰囲気をもった作品を描かれる方だなぁ。読み終 ふむふむ、なんだかちょっと不思議でモヤモヤする短編集だなぁと思いつつ。ラストの東京タワーからの書簡で、ストンとモロモロが納得できるような。中島さんて、独特の雰囲気をもった作品を描かれる方だなぁ。読み終わってすぐ、読み返して確認したくなるような短編集でした。 …続きを読む
    ミカママ
    2017年03月28日
    282人がナイス!しています
  • スカイツリーと東京タワーの新旧東京のシンボルの間で交わされる往復書簡。半世紀に渡る東京の移り変わり、その間に起きた様々な出来事をファンタジーで綴られる短編集。幻想的で懐かしく、リアルでどきりとさせられ スカイツリーと東京タワーの新旧東京のシンボルの間で交わされる往復書簡。半世紀に渡る東京の移り変わり、その間に起きた様々な出来事をファンタジーで綴られる短編集。幻想的で懐かしく、リアルでどきりとさせられる。こんな東京の描き方もあったんだ。 …続きを読む
    ゴンゾウ@新潮部
    2020年05月06日
    111人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品