呪いと日本人

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784044083212

呪いと日本人

  • 著者 小松 和彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784044083212

日本の歴史は「呪い」が作った! 日本人のもう一つの精神史。

日本の文化史において「呪い」とは何だったのか。それは現代に生きる私たちの心性にいかに継承され、どのように投影されているのか――。呪いを生み出す人間の「心性」に迫る、もう一つの日本精神史。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「呪いと日本人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 良き。タイトルに若干尻込みするが、『呪い』とは何か、どういう風に用いられてきたのか、そもそも定義は?といった幅広い事柄について分かりやすくまとめている。それほど専門的な内容でもないし(この手のジャンル 良き。タイトルに若干尻込みするが、『呪い』とは何か、どういう風に用いられてきたのか、そもそも定義は?といった幅広い事柄について分かりやすくまとめている。それほど専門的な内容でもないし(この手のジャンルに専門があるのかどうかは微妙なところだけれど)読みやすいと思う。おすすめ。ただ、最後の方は『呪い』よりも『ケガレ』についての記述が多かった(根本的には同じ?)ため、呪い一辺倒というわけでもない。昔の支配者はケガレを祓うことが出来なければならなかった。その視点で歴史見るとまた新しい発見があるのかもしれない。 …続きを読む
    ちゃも@読書再開
    2018年12月21日
    25人がナイス!しています
  • まとまりが良く読み易い。呪いに関する歴史、手法等、参考文献からの抜粋が絶妙。個人的には、いざなぎ流にはじまる四国地方の呪詛の歴史をもう少し深く読み込みたい。呪いは今もフィクションではないという事実が不 まとまりが良く読み易い。呪いに関する歴史、手法等、参考文献からの抜粋が絶妙。個人的には、いざなぎ流にはじまる四国地方の呪詛の歴史をもう少し深く読み込みたい。呪いは今もフィクションではないという事実が不思議でならない。 …続きを読む
    荒草ミエル
    2014年11月07日
    20人がナイス!しています
  • 本来何の意味もないモノ&コトに対象者がネガティブに感じる意味付けをすることが呪い(ポジティブな意味付けは祝い) である。つまり呪いというものは人間がいない世界には存在しない。少なくとも人間がいて、「わ 本来何の意味もないモノ&コトに対象者がネガティブに感じる意味付けをすることが呪い(ポジティブな意味付けは祝い) である。つまり呪いというものは人間がいない世界には存在しない。少なくとも人間がいて、「わたし」と「あなた」という関係性がなければ発生しない。ああ。確かに文化的な行為であり、人間由来の行為だなあ。自分自身の中に渦巻くどうしようもない蟠りを消化するために、人を呪うということが必要な場合だってあるのかもな。自然に意味を見出す(まあそんなものないんだが)ということを最初にした人間は凄い。 …続きを読む
    テツ
    2019年08月19日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品