角川文庫

ナモナキラクエン

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041016237
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

ナモナキラクエン

  • 著者 小路 幸也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041016237

東京バンドワゴン」の著者が描く、鮮烈な結末が胸を打つ家族ミステリー。

「楽園の話を、聞いてくれないか」そう言って、父さんは死んでしまった。残された僕たち、山(サン)、紫(ユカリ)、水(スイ)、明(メイ)は、それぞれ母親が違う兄妹弟。父さんの言う「楽園」の謎とは・・・・。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ナモナキラクエン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★☆☆☆父が亡くなった子供達の話。失敗談しまーす。盆法事で和尚様にお経を頂いたときの事。全員正座です。でもながーいんですよ お経、有難いことですけど… 足が…。人間、限界近いと笑いたくなるんですよ ★★☆☆☆父が亡くなった子供達の話。失敗談しまーす。盆法事で和尚様にお経を頂いたときの事。全員正座です。でもながーいんですよ お経、有難いことですけど… 足が…。人間、限界近いと笑いたくなるんですよ。そんな時よりによって和尚様が木魚叩くのミスって「ポクポクバコ!ポクポク」当方これには耐えられず「ぶはっ!」(やば!咳のふりだ)「ゴホゴホ」和尚様「では順にご焼香を」従弟の番で「あらっ、おっとっと」(ドテん!)足痺れ?転んだ!これで笑ダム決壊「ぶっ!ゴホ!ダハ!ゴホ」これ、咳と思ってくれたか疑問ですが。。 …続きを読む
    相田うえお
    2016年08月06日
    147人がナイス!しています
  • カバーデザインでなんとなく買ったのだけど、読み始めたら予想外の内容で、読み進めたら予想外の展開で、読み終えたら予想外の余韻が残った。秀逸なタイトルだったのね。 カバーデザインでなんとなく買ったのだけど、読み始めたら予想外の内容で、読み進めたら予想外の展開で、読み終えたら予想外の余韻が残った。秀逸なタイトルだったのね。
    takaC
    2014年12月06日
    90人がナイス!しています
  • 薄っすら予想したことが終盤にむけて確信に変わり、同時に志郎さんの作りたかった楽園に少し悲しくなりもし、また、しみじみと優しい気持ちにもなりました。 多分、みんな薄々気付きながら成長するし、もしも大きく 薄っすら予想したことが終盤にむけて確信に変わり、同時に志郎さんの作りたかった楽園に少し悲しくなりもし、また、しみじみと優しい気持ちにもなりました。 多分、みんな薄々気付きながら成長するし、もしも大きくなって本当のことをはっきりと知ったとしても、自分たちを守ろうとした志郎さんの愛情がその時新たに力を持って、きちんと子どもたちを守るのでしょう。”苦労は買ってでも”という考えが昔からあるけれど、個人的意見としては知らなくていい事っていうのはあるし、しなくていい苦労はしないほうが良いことも多いのです。 …続きを読む
    白湯
    2016年04月08日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品