訓読みのはなし 漢字文化と日本語

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044081072

訓読みのはなし 漢字文化と日本語

  • 著者 笹原 宏之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044081072

豊かな日本語の世界に迫る、日本語論の決定版!

言語の差異や摩擦を和語表現の多様性へと転じた訓読みは、英語や洋数字、絵文字までも日本語の中に取り入れた。時代の波に晒されながら変容してきた訓読みのユニークな例を辿り、奥深い日本語の世界に迫る。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「訓読みのはなし 漢字文化と日本語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 普段あまり気にかけない漢字の音訓読み。日本人が大和言葉で読むために発明した訓読みについて書かれた本。タイトルも秀逸。あまり知らされていない、漢字の読み方が多く紹介されていて、漢字の薀蓄を知るにはもって 普段あまり気にかけない漢字の音訓読み。日本人が大和言葉で読むために発明した訓読みについて書かれた本。タイトルも秀逸。あまり知らされていない、漢字の読み方が多く紹介されていて、漢字の薀蓄を知るにはもってこいの本。雨の日に着る「カッパ」の「合羽」は、ポルトガル語源で、「ガラス」の「硝子」はオランダ語からの当て字。「御転婆」もオランダ語起源だという説もあるらしい。十月十日は、以前は「朝」が組み合わされていると覚えたが、今は「萌」で、この日は「萌えの日」だという。「風邪」も江戸時代は「フウジャ」と読んでいた。 …続きを読む
    isao_key
    2015年06月28日
    11人がナイス!しています
  • (音読みの話も同じくらい入ってます。)訓読み、という方法は、古くはシュメールの楔形文字を受け入れたアッカド等諸民族、近くは5~6世紀の朝鮮半島で行われており、日本には半島からの渡来人が伝えたそうです。 (音読みの話も同じくらい入ってます。)訓読み、という方法は、古くはシュメールの楔形文字を受け入れたアッカド等諸民族、近くは5~6世紀の朝鮮半島で行われており、日本には半島からの渡来人が伝えたそうです。ベトナムや台湾等、アジアで漢字が変容していく様が解説されています。著者の“言葉”の守備範囲が広く、演歌やJ-POPの歌詞、SNSの顔文字まで取り上げられていて面白い。個人的に衝撃だったのは、日本語に「胃」等が入ってくるまでは消化器官は纏めて「くそぶくろ」だった・・・って、やだー!柔軟な日本語&外来語バンザイ! …続きを読む
    りー
    2018年10月03日
    9人がナイス!しています
  • 訓読みについて、漢字文化と和語の出会いの歴史からネットスラング、外国語との差異や訓読みの問題点まで、広く柔軟に取り上げた内容。「Wる」なんて言葉の成立過程まで考察する、言葉へのあくなき好奇心を感じる。 訓読みについて、漢字文化と和語の出会いの歴史からネットスラング、外国語との差異や訓読みの問題点まで、広く柔軟に取り上げた内容。「Wる」なんて言葉の成立過程まで考察する、言葉へのあくなき好奇心を感じる。 …続きを読む
    shou
    2015年02月25日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品