劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ(2)

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ(2) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年12月26日
商品形態:
電子書籍

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ(2)

  • 漫画 九我山 レキ
  • 原作 志倉千代丸/MAGES./Nitroplus
発売日:
2013年12月26日
商品形態:
電子書籍

堂々完結! コミック版だけの“もうひとつの”クライマックス!

“消えて”しまった岡部を追い、タイムリープを試みた紅莉栖。辿りついた過去で彼女は、衝撃の事実を告げられる! そして、自らが消えてしまうことを悟った岡部が下した決断とは…!? 大ヒットアニメの“本編”コミック、コミック版だけの“もうひとつの”エピローグで完結!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ(2)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【B☆W】やっぱり、過去にあった事を変えずに今を変えるってのができてるのかな?確かにオカリンはファーストキスはもう終わってることは原作で明示されてたけど、相手が云々とか言ってないよね。相手が誰だか分か 【B☆W】やっぱり、過去にあった事を変えずに今を変えるってのができてるのかな?確かにオカリンはファーストキスはもう終わってることは原作で明示されてたけど、相手が云々とか言ってないよね。相手が誰だか分からないけどファーストキスは済んでるって記憶だけが残ってるなら、あの終わり方でもありだと思うけど……。原作の出来が素晴らしすぎた故に、余計な蛇足に思えてしまった……。 …続きを読む
    虚和
    2016年10月02日
    3人がナイス!しています
  • きれいにまとまっているしそれなりに悪くなかったのだけど、本編の焼き直しという印象を免れるものではない感じ。岡部とクリスの立場を入れ替えただけであとは本編とよく似た展開が少なからず目についた。それと単純 きれいにまとまっているしそれなりに悪くなかったのだけど、本編の焼き直しという印象を免れるものではない感じ。岡部とクリスの立場を入れ替えただけであとは本編とよく似た展開が少なからず目についた。それと単純に絵が力不足。 …続きを読む
    alleine05
    2015年10月20日
    3人がナイス!しています
  • 並行世界ではない世界線の概念に対しR世界線の存在はなかなか理解しがたいものです.// リーディング・シュターナーの過負荷による観測精度の低下はダイバージェンス0.000001%の揺らぎを生ずる.世界は 並行世界ではない世界線の概念に対しR世界線の存在はなかなか理解しがたいものです.// リーディング・シュターナーの過負荷による観測精度の低下はダイバージェンス0.000001%の揺らぎを生ずる.世界は,オカリンがいなかったことになっているSG世界線とオカリンしかいないR世界線の重ね合わせ(superposition)として構成される.オカリンは助手に与えられた印象的な記憶(=まゆしぃの最も大切な思い出の書き換え)を目印にSG世界線を観測し,助手はオカリンを観測する.2人の観測により世界は確定し構成される. …続きを読む
    月宮 ゆきと
    2014年07月10日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品