犬のはなし 古犬どら犬悪たれ犬

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041010884

犬のはなし 古犬どら犬悪たれ犬

  • 選 出久根 達郎
  • 編 日本ペンクラブ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041010884

犬の実直さに惚れ直す

小説家、詩人、エッセイストなど様々な人達が、犬の魅力を描く。十匹の犬と暮らしていた日々や、犬にまつわる童話など、犬好きにはたまらない一冊。長谷川如是閑、菊池寛、北原白秋、森茉莉、ほか。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「犬のはなし 古犬どら犬悪たれ犬」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 犬好きの私にとっては、「素晴らしい」の一言に尽きます。今話題の村岡花子の「犬を看護した少女」の話が入っているのは偶然でしょうか。それにしても、有名作家のお宅でも「昔は放し飼いだったんだ」妙なところで感 犬好きの私にとっては、「素晴らしい」の一言に尽きます。今話題の村岡花子の「犬を看護した少女」の話が入っているのは偶然でしょうか。それにしても、有名作家のお宅でも「昔は放し飼いだったんだ」妙なところで感動?してしまいました。 …続きを読む
    sora
    2014年08月09日
    33人がナイス!しています
  • 編者・出久根達郎の巻末解説に「日本人がどのように犬をペット化してきたか」そのプロセスをたどってみようと考えて編集したとある。殆ど同じ時代でも、飼ってるだけで放ったらかしの菊池寛と、「しつけることが犬の 編者・出久根達郎の巻末解説に「日本人がどのように犬をペット化してきたか」そのプロセスをたどってみようと考えて編集したとある。殆ど同じ時代でも、飼ってるだけで放ったらかしの菊池寛と、「しつけることが犬の幸せ」と言わんばかりの長谷川如是閑が並べてあるのが可笑しい。村岡花子のナイチンゲールの話は子供のころ読んで「フランネル」という布を覚えたことを思い出した。まるで犬の親子のように「始終おれがだいて寝て」麟太郎のケガを癒した勝小南、美しいから賢いからではなく縁あって手元に来た犬猫を溺愛した二葉亭四迷が心に残った。 …続きを読む
    kuri8655
    2014年04月21日
    33人がナイス!しています
  • つくづくアンソロジーは選者だなぁと痛感。さすが出久根達郎である。一冊がまるで犬の本専門の古本屋の様である。厚い文庫でもないのに24人の27編。どれも珍しいものばかり。一茶の句集に戦前戦後の児童文学、落 つくづくアンソロジーは選者だなぁと痛感。さすが出久根達郎である。一冊がまるで犬の本専門の古本屋の様である。厚い文庫でもないのに24人の27編。どれも珍しいものばかり。一茶の句集に戦前戦後の児童文学、落語、勝海舟の親父の自伝、二葉亭四迷の犬猫への神の如き姿、長谷川如是閑、村岡花子(次の朝ドラのヒロイン!)、民俗学。盛り沢山で飽きさせない。小川未明と関英雄、波多野完治のものが好きだった。お勧めします。 …続きを読む
    山口達也を捕まえた男・寺
    2014年03月19日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品