試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041010402

マアジナル

  • 著者 田口 ランディ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041010402

世界と自分の在り方を問う、魂を揺さぶる傑作長編小説!!

あの日、彼女は何を見たのだろう―。ともにUFOを呼んだ6人の運命は、1人の少女の失踪で狂い始める。6人の数奇な人生が再び交錯したとき、世界は静かに揺らぎ始め、目の前の現実が崩れ始める―。

おすすめコメント

今このときに知るべきいろんな真実のかけらが星みたいにちりばめられてる。
自分の足で見つけに行こう。
――よしもとばなな

「想定外」の出来事が起きた今だからこそ、この作品は私の魂をこれほどまでに震わせたのだろう。
――香山リカ

人には見えないものが見える方が世界はカラフルです!
――内田樹

見えない線をつなぐ眼だけが空に星座を発見する。
星は、あなたに向かってやってくる。
――藤本由香里(明治大学准教授)

『マアジナル』は大変な傑作です。
もしスピルバーグが読んだら、地団駄をふむでしょう。
何十年も前から、こんな物語を生み出したかったと。
――浅野智哉(フリーライター)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「マアジナル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 世界の在り方が曖昧になる。 「胡蝶の夢」でもわかるように、人間は昔から境界の曖昧さに気付いていたのだろう。 「我思う、故に我在り」、デカルトの言葉の解釈。存在という概念を改めて考えさせられる。 認識で 世界の在り方が曖昧になる。 「胡蝶の夢」でもわかるように、人間は昔から境界の曖昧さに気付いていたのだろう。 「我思う、故に我在り」、デカルトの言葉の解釈。存在という概念を改めて考えさせられる。 認識できなければ、存在しないのと同じことである。結局世界は個人の認識により形作られている。 marginal(境界)を改めて考えさせられた作品。 …続きを読む
    南雲吾朗
    2020年06月23日
    62人がナイス!しています
  • UFO目撃そして少女失踪なんてオカルト好きにはたまらない。ドキドキしながら読んだ出産シーンは、おもしろかった!ちょっと笑った。参考文献の量がすごくてたじらいだ。やっぱランディさんは、いいなぁ! UFO目撃そして少女失踪なんてオカルト好きにはたまらない。ドキドキしながら読んだ出産シーンは、おもしろかった!ちょっと笑った。参考文献の量がすごくてたじらいだ。やっぱランディさんは、いいなぁ!
    亜未◇透過中。
    2017年01月29日
    20人がナイス!しています
  • marginal。限界点とか、ギリギリラインみたいな意味らしい。異世界との境界が、ひりひりするような感覚で描かれている。作者の田口ランディこそ、知りたい欲求を止めない人なんだと、本作でつくづく思った。 marginal。限界点とか、ギリギリラインみたいな意味らしい。異世界との境界が、ひりひりするような感覚で描かれている。作者の田口ランディこそ、知りたい欲求を止めない人なんだと、本作でつくづく思った。そしてそれを小説に昇華する手法を選んでいることに、なぜだかとても信頼を置ける気がするのだ。6人の中学生がUFOを呼び、見た者と見なかった者の、当時と17年後。オカルトと言ってしまえば簡単だけど、自分が認識している世界が揺らぐような、忘れていた問いを思い出させるような、力作だと思う。 …続きを読む
    choike-voike
    2013年11月08日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

「内容紹介」を読んだときは、あまりの盛りだくさんさとランディさんらしからぬハチャメチャな感じに少々戸惑いました。でも心配無用。読みだしたら止まりません! ランディ作品の魅力であるほの暗さは健在なのに、スピード感と笑いの要素も取り入れた、最高のエンターテイメント作品でした。(きらきらひかるさん)

登場人物達の共通の経験談を軸にストーリーが展開していくのですが明らかにされていく事象に驚愕・緊張の連続でした。先の展開が読めず、ページが残りわずかになってもどういうラストを迎えるのか想像がつきませんでした。(アキスケさん)

こういった超常現象に興味がなくても抵抗なく読める作品でした。哲学的要素も含まれていて、楽しく読ませていただきました。登場人物の個性がそれぞれ強すぎて笑ってしまう場面があったなかで、皆、それぞれの『今』を生きているはずなのに心は『過去』にとらわれたままで、それがもの寂しく感じました。(雛菊さん)

著者紹介

田口 ランディ(たぐち らんでぃ)

1959年生まれ。作家、エッセイスト。2000年長編小説『コンセント』でデビュー。主に人間の心の問題をテーマに幅広く執筆活動を展開。小説に『アンテナ』『モザイク』『被爆のマリア』『キュア』『蝿男』『蛇と月と蛙』、エッセイに『ほつれとむすぼれ』『パピヨン』『生きなおすのにもってこいの日』など多数。

最近チェックした商品