機動戦士ガンダム00 (1) ソレスタルビーイング

機動戦士ガンダム00 (1) ソレスタルビーイング 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年06月26日
商品形態:
電子書籍

機動戦士ガンダム00 (1) ソレスタルビーイング

  • 原作 矢立 肇
  • 原作 富野 由悠季
  • 著者 木村 暢
  • カバーイラスト 米山 浩平
  • イラスト 柳瀬 敬之
  • イラスト 羽音 たらく
発売日:
2014年06月26日
商品形態:
電子書籍

西暦2307年──世界はガンダムによって試される

西暦2307年。人類は枯渇した化石燃料に代わる新たなエネルギー・太陽光発電システムを手に入れたものの、その恩恵をめぐり各国でいまだ終わりなき争いを続けていた。だがそんな世界に、「武力による戦争根絶」を掲げる組織が現れる。あらゆる現行モビルスーツを凌駕した4機の”ガンダム”を所有する、彼らの名はソレスタルビーイング。今、ガンダムによる全戦争行為への武力介入が始まる!!

メディアミックス情報

NEWS

「機動戦士ガンダム00 (1) ソレスタルビーイング」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • テレビではわからなかった登場人物達の内面や設定がわかったりして面白かったけど、いろんな所が省かれていて残念。ロックオンが刹那にミルク奢る所が見たかった…。 テレビではわからなかった登場人物達の内面や設定がわかったりして面白かったけど、いろんな所が省かれていて残念。ロックオンが刹那にミルク奢る所が見たかった…。
    ガーガー
    2015年11月15日
    26人がナイス!しています
  • GW中でガンダムベースに行ったからか、総集編を見つつ、小説を読んで見るとゆ〜何とも良く分からない事を実行中(笑)この話はパワーをパワーで抑えつける、その先には?と言うのがキーだと思ってますが、小説版は GW中でガンダムベースに行ったからか、総集編を見つつ、小説を読んで見るとゆ〜何とも良く分からない事を実行中(笑)この話はパワーをパワーで抑えつける、その先には?と言うのがキーだと思ってますが、小説版は其々の心の内を描写してくれてるのでアニメを見てても『ほっほ〜』と思える所が有ります。まぁアニメだけでも楽しめるのですが…。そ〜言えばこの作品10年前の作品ですね。ナウで見てた時は衝撃でした。『戦争根絶の為武力介入を行う』10年経った今、こちらの世の中は変わっておりません。人間そんなに簡単に変われないか? …続きを読む
    如水
    2018年05月02日
    17人がナイス!しています
  • 映画も見たので、再読。やはり心理描写が本編よりも深くて良いなあ。1期、2期、映画を見てから読み直すと、新たな発見もあり、良かった。もうこの時点でアンドレイの名前出てるんですね。 映画も見たので、再読。やはり心理描写が本編よりも深くて良いなあ。1期、2期、映画を見てから読み直すと、新たな発見もあり、良かった。もうこの時点でアンドレイの名前出てるんですね。
    いりえ
    2010年10月02日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品