試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041009710

軍師の境遇 新装版

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041009710

松本清張がつむぐ、軍師・黒田官兵衛の波乱にみちた生涯。

天正三年、羽柴秀吉と出会い、軍師・黒田官兵衛の運命は動き出す。秀吉の下で智謀を発揮して天下取りを支えるも、その才ゆえに不遇の境地にも置かれた官兵衛の生涯を描いた表題作ほか、二編を収めた短編集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「軍師の境遇 新装版」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 巨匠3人の作家の黒田官兵衛を読み比べ。『播磨灘物語』(司馬遼太郎)、『黒田如水』(吉川英司)、そしてこの松本清張の『軍師の境遇』。松本清張の手にかかるとどんな書きぶりと展開になるのかという期待感があっ 巨匠3人の作家の黒田官兵衛を読み比べ。『播磨灘物語』(司馬遼太郎)、『黒田如水』(吉川英司)、そしてこの松本清張の『軍師の境遇』。松本清張の手にかかるとどんな書きぶりと展開になるのかという期待感があったのだが、とても平凡な書きぶりで拍子抜けした。解説によれば、高校生向けに書かれたとあり成程との思い・・・黒田官兵衛の物語を読むというのは 一時期その親密なパートナーである秀吉の物語を読むということでもある。一方面司令官から天下人へと駆け上がる秀吉がこの時期にどのように豹変していったのか興味深い話である。 …続きを読む
    シュラフ
    2014年12月29日
    18人がナイス!しています
  • タイトルの作品を読みたくて買った。秀吉の軍師・黒田官兵衛の物語。松本清張はどう料理するのかと、その点を期待してたのだが、思いのほかスタンダードな「歴史小説」だったのでガッカリ。司馬遼太郎の「播磨灘物語 タイトルの作品を読みたくて買った。秀吉の軍師・黒田官兵衛の物語。松本清張はどう料理するのかと、その点を期待してたのだが、思いのほかスタンダードな「歴史小説」だったのでガッカリ。司馬遼太郎の「播磨灘物語」の以前は、この清張版が最高だったのか、そもそも短編でこの題材はこれが限界だったのか。この時代は自分でも書いただけに、新たな「発見」がなかったことが寂しかった。収録作の『板元画譜』――江戸の浮世絵や黄表紙の世界(本屋の蔦重、写楽や歌麿、山東京伝に馬琴などなど)を描いた作品―ーの方が再読だけど面白かったなあ。 …続きを読む
    とし
    2017年04月20日
    9人がナイス!しています
  • 天正3年、軍師・黒田官兵衛の運命が動き出す。播州御着の城主・小寺政職の家老だった官兵衛は、毛利を捨てて織田につくよう進言し、自ら使者として豊臣秀吉に謁見する。軍師としての才を認められ、智謀を発揮して秀 天正3年、軍師・黒田官兵衛の運命が動き出す。播州御着の城主・小寺政職の家老だった官兵衛は、毛利を捨てて織田につくよう進言し、自ら使者として豊臣秀吉に謁見する。軍師としての才を認められ、智謀を発揮して秀吉の中国攻めを支える官兵衛だったが、卓越した才能ゆえに敵方に囚われてしまい…!?黒田官兵衛の生き様を描いた表題作ほか、「逃亡者」「板元画譜」2編の胸躍る傑作時代小説を収めた珠玉の作品集。 …続きを読む
    まひはる
    2020年03月29日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品