心霊探偵八雲 ANOTHER FILES いつわりの樹

アニメ化作品|ドラマ化作品|舞台化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041009116

アニメ化作品|ドラマ化作品|舞台化作品

心霊探偵八雲 ANOTHER FILES いつわりの樹

  • 著者 神永 学
  • イラスト 鈴木 康士
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041009116

新シリーズ始動! もう一つの「八雲」登場!

神社の境内にある樹齢千年を越える木の前で、刺殺体が発見される。被害者は、高校時代に石井をいじめていた望月だった。この事件をきっかけに、過去と向き合うことになった石井。彼の隠された秘密とは…。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

『心霊探偵八雲』舞台化記念動画


『心霊探偵八雲 いつわりの樹』DVDCM


プロモーションムービー

CM


『心霊探偵八雲』シリーズ 好評発売中!


「心霊探偵八雲 ANOTHER FILES いつわりの樹」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『いつわりの樹』の伝説のある場所で、一人の男性が殺されたことからストーリーが展開していきました。なかなかややこしい話だったけど、スピード感ある展開で引き込まれました。色んな登場人物の中に誤解や真実とは 『いつわりの樹』の伝説のある場所で、一人の男性が殺されたことからストーリーが展開していきました。なかなかややこしい話だったけど、スピード感ある展開で引き込まれました。色んな登場人物の中に誤解や真実とは異なる部分があり、まさに『いつわり』が根元に流れる作品となっていました。面白かったです。 …続きを読む
    そのぼん
    2013年10月01日
    107人がナイス!しています
  • 2016年509冊め。相変わらず文章力には乏しいのだけれど、物語的に非常におもしろいのがこの作者の特徴。本編完結後はほとんど読んでいなかったシリーズだが、久しぶりに読んでもおもしろかった。今回は長編と 2016年509冊め。相変わらず文章力には乏しいのだけれど、物語的に非常におもしろいのがこの作者の特徴。本編完結後はほとんど読んでいなかったシリーズだが、久しぶりに読んでもおもしろかった。今回は長編ということで二重三重に絡んだ事件だったが、その事件事体もありがちなもので、突飛なものではない。なのになんだか読ませられてしまう不思議。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2016年07月02日
    101人がナイス!しています
  • 八雲いいですね。今回は恋敵の姉妹の切ないストーリー。晴香と八雲の距離感がまだまだって感じで、一心が死ぬ前の話ですよね。心霊現象が事件解決の鍵になりますが、霊に体を支配され、自分の意識がない状況で殺人を 八雲いいですね。今回は恋敵の姉妹の切ないストーリー。晴香と八雲の距離感がまだまだって感じで、一心が死ぬ前の話ですよね。心霊現象が事件解決の鍵になりますが、霊に体を支配され、自分の意識がない状況で殺人を犯すっていうのは辛いですね。今回は過去の殺人が絡んでいてその代償でしょうけど。いつも思いますが読み始めたら止まらない。大好きなシリーズです。(^-^) …続きを読む
    むらKみ
    2013年09月27日
    97人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

神永 学(かみなが・まなぶ)

1974年山梨県生まれ。2004年『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』でデビュー。同作から始まる「心霊探偵八雲」シリーズが、若者を中心に圧倒的な支持を集める。他著作に「怪盗探偵山猫」「天命探偵」「確率捜査官 御子柴岳人」「浮雲心霊奇譚」「殺生伝」「革命のリべりオン」などのシリーズ作品や『イノセントブルー 記憶の旅人』『コンダクター』などがある。神永学オフィシャルサイト

この著者の商品

最近チェックした商品