産科が危ない 医療崩壊の現場から

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年04月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
192
ISBN:
9784041104545

産科が危ない 医療崩壊の現場から

  • 著者 吉村 泰典
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年04月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
192
ISBN:
9784041104545

なぜ、妊婦はたらい回しにされたのか? なぜ産科医は減ってしまったのか?

産科の訴訟件数は外科の4倍、内科の8倍。リスクを恐れて産科医になる人が激減しています。医療不安が医師を減少させ、医療崩壊へとつながっている現実。医療の危機的な状況と改善に向けた取り組みを紹介する一冊。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「産科が危ない 医療崩壊の現場から」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今の日本の産科医の窮状がわかります。このまま少子化が進むと日本という国は移民を受け入れなければ成り立たなくなる、産科医の現場を良くすることから変えていくのだ、という危機感をもって取り組まれている吉村先 今の日本の産科医の窮状がわかります。このまま少子化が進むと日本という国は移民を受け入れなければ成り立たなくなる、産科医の現場を良くすることから変えていくのだ、という危機感をもって取り組まれている吉村先生には脱帽です。医療の現場側任せでなく、出産というのは奇跡に近い偉業であると言ってもいいほどリスクと隣り合わせであることを我々は知る必要があるのだとヒシヒシと感じました。日本ほど安心して産める国はないが、それに甘えてはならない。 …続きを読む
    Ruka Takahashi
    2014年01月28日
    3人がナイス!しています
  • 産科医療の危機を医師の立場から。少子化対策の一つとして産科の充実は必要だと感じられました。一部、助成金関連は賛同しかねる部分、学会の情報配信への自負については広報不足で知られてないように思うが。。。 産科医療の危機を医師の立場から。少子化対策の一つとして産科の充実は必要だと感じられました。一部、助成金関連は賛同しかねる部分、学会の情報配信への自負については広報不足で知られてないように思うが。。。
    Miki Kusunose
    2014年09月26日
    2人がナイス!しています
  • 産科医不足の背景など、参考となる所はたくさんあった。ただ論点が五月雨式に示されており、ややまとまりがない。あと、小論文講師の目からするとあまり文章は上手ではない。 産科医不足の背景など、参考となる所はたくさんあった。ただ論点が五月雨式に示されており、ややまとまりがない。あと、小論文講師の目からするとあまり文章は上手ではない。
    おかえ
    2013年10月20日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品