超粒子実験都市のフラウ Code‐2#足跡無き刻印魔女

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年08月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
260
ISBN:
9784041009390

超粒子実験都市のフラウ Code‐2#足跡無き刻印魔女

  • 著者 土屋 つかさ
  • イラスト 植田 亮
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年08月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
260
ISBN:
9784041009390

爆弾魔の毒牙がフラウに、そして実験都市に迫る!!

実験都市全体が盛り上がる祭典・技術エキスポが開催され、バイトをすることになったフラウと隼人。その頃研究機関が爆破される事件が多発しており、その爆弾魔の魔の手がフラウたちがいる会場に忍び寄る!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

「超粒子実験都市のフラウ」あらすじ紹介


「超粒子実験都市のフラウ Code‐2#足跡無き刻印魔女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • そつがない地味な優等生のような終わらせ方だったかな。前巻でも言ったけど『作者の個性』が薄まった作品でした、でも物語としては整っていたかなと。普通によくできた作品、無難指向過ぎたかなぁ、色が見えなかった そつがない地味な優等生のような終わらせ方だったかな。前巻でも言ったけど『作者の個性』が薄まった作品でした、でも物語としては整っていたかなと。普通によくできた作品、無難指向過ぎたかなぁ、色が見えなかったのが惜しいところ。設定が使い切れずに無理矢理終わらせた感がすごいけど、大分駆け足で詰め込んだけど、きちんと収束していたのはよかったと思います。打ち切り前提の結果、詰め込みすぎたかなというのが実際の感覚かなぁと。そして中身は既視感あふれるオーソドックスさで、無難すぎる展開・構成で小奇麗だけど味気なかったかな。 …続きを読む
    シンヤ
    2013年08月25日
    4人がナイス!しています
  • やっぱり前作と比べると地味というかテンプレ的すぎたのかなぁ。 何か一つでも目新しさがあったら続けれたかもしれないだけに残念。2巻で終わってしまっただけにネタを使い切れなかったのはあるけど、それでも話の やっぱり前作と比べると地味というかテンプレ的すぎたのかなぁ。 何か一つでも目新しさがあったら続けれたかもしれないだけに残念。2巻で終わってしまっただけにネタを使い切れなかったのはあるけど、それでも話の展開や演出といった著者の実力は出していたと思う。人間とロボットの関係という一つのネタを無難に終わらせたところは良かったかと。とりあえず新シリーズに期待しています …続きを読む
    まりも
    2013年08月04日
    3人がナイス!しています
  • ラノベで打ちきりとか、滅多にないことじゃないでしょうか? 新しい作風に挑戦しようとしたけど、上手くいかなかった感じかなぁ。 前作の印象が強かったから……。 本作は素直なストーリーと主人公の葛藤、非常 ラノベで打ちきりとか、滅多にないことじゃないでしょうか? 新しい作風に挑戦しようとしたけど、上手くいかなかった感じかなぁ。 前作の印象が強かったから……。 本作は素直なストーリーと主人公の葛藤、非常にストレートなお話でした。この作者は好きなので、次作には期待したいところです。 …続きを読む
    朧月
    2014年09月13日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品