道徳という名の少年 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年08月05日
商品形態:
電子書籍

道徳という名の少年

  • 著者 桜庭 一樹
発売日:
2013年08月05日
商品形態:
電子書籍

直木賞作家がおくる、甘い滅びの物語…ファン垂涎インタヴュー集同時収録!

愛するその「手」に抱かれてわたしは天国を見る--エロスと魔法と音楽に溢れたファンタジック連作集。榎本正樹によるインタヴュー集大成「桜庭一樹クロニクル2006-2012」も同時収録!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「道徳という名の少年」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 07年に発表された連作短編と桜庭さんへのインタビューを収録。この5編の短編は、ネット配信、文芸誌、新聞等とすべて違うところに発表されているのには驚いた。町で一番の美女が父のいない女の子を産むことから始 07年に発表された連作短編と桜庭さんへのインタビューを収録。この5編の短編は、ネット配信、文芸誌、新聞等とすべて違うところに発表されているのには驚いた。町で一番の美女が父のいない女の子を産むことから始まる、この家族5代の物語。あの‘かんばせ’という言葉、女系、近親相姦等、他の桜庭作品を思い浮かべるところも多く、まさに桜庭ワールドの小品という感じがした。また、榎本さんの的確な‘解説’のおかげで、この作品の背景等も理解できた。桜庭さんへのインタビューも含め、桜庭ワールドを知るのに向いている本だと思う。 …続きを読む
    hiro
    2013年08月31日
    122人がナイス!しています
  • 著者十一冊目。連作短編+インタビュー集。インタビューより少ないページ数ながら、インパクトは大きい連作集。異国情緒ただよう寓話のような世界で物悲しさがつきまとう。なかでも、背徳と退廃の濃密な香りにくらく 著者十一冊目。連作短編+インタビュー集。インタビューより少ないページ数ながら、インパクトは大きい連作集。異国情緒ただよう寓話のような世界で物悲しさがつきまとう。なかでも、背徳と退廃の濃密な香りにくらくらする「ジャングリン・パパの愛撫の手」は忘れられない余韻を残す。インタビュー内容は著作の背景が興味深く、桜庭さんの頭の中をちらりと拝見した気分。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2020年05月07日
    85人がナイス!しています
  • 桜庭さん初読みです。一番エッセンスが濃いと聞いて選んだのですが…第一冊目、これで良かったのでしょうか汗!?淡々として清廉な空気と艶めかしさ、グロテスクの同居。甘いイチゴジャムも香る薔薇も近くで見ると恐 桜庭さん初読みです。一番エッセンスが濃いと聞いて選んだのですが…第一冊目、これで良かったのでしょうか汗!?淡々として清廉な空気と艶めかしさ、グロテスクの同居。甘いイチゴジャムも香る薔薇も近くで見ると恐ろしいような。美しさがじわじわと崩壊して醜へと向かう過程がたまらん。言葉づかいも、なかなか素敵(”かんばせ”とか!)。寓話のような物語の真意は掴めずでしたが、雰囲気には強く惹かれました。同時収録の製作秘話はもうちょっと作品を読み込んだ時のために取っておく◎次は長編にトライしたいです! …続きを読む
    らむれ
    2015年09月28日
    82人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品