角川文庫

霧越邸殺人事件<完全改訂版>(下)

本格ミステリの様式美を究め、突き抜ける――綾辻行人の記念碑的名作!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041008485
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

霧越邸殺人事件<完全改訂版>(下)

本格ミステリの様式美を究め、突き抜ける――綾辻行人の記念碑的名作!

  • 著者 綾辻 行人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041008485

本格ミステリの様式美を究め、突き抜ける――綾辻行人の記念碑的名作!

外界から孤立した「霧越邸」で続発する第二、第三の殺人…。執拗な“見立て”の意味は? 真犯人は? 動機は? すべてを包み込む“館の意志”とは? 緻密な推理と思索の果てに、驚愕の真相が待ち受ける!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「霧越邸殺人事件<完全改訂版>(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 下巻に入り加速度的に事件が進む…「これでこそ、雪に閉ざされた館!」というワクワク感で読めた。本格ミステリに怪奇&幻想要素が加わっているので、妖しい映像が目に浮かぶ…これを好きか嫌いかで評価が分かれると 下巻に入り加速度的に事件が進む…「これでこそ、雪に閉ざされた館!」というワクワク感で読めた。本格ミステリに怪奇&幻想要素が加わっているので、妖しい映像が目に浮かぶ…これを好きか嫌いかで評価が分かれるところだろうが、私としては充分楽しめた。犯人の「美しい瞬間を選んで摘み取ってやる」という独裁的な動機も、丁寧に人物描写を重ねているので納得できるが、目星もついてしまう両刃の剣。残念なのは、薀蓄が多い割に、隠れていた人物についての背景や心情が少ししか書かれていない点。それでも長編を飽きずに読ませる力量には感服。 …続きを読む
    しんたろー
    2018年03月13日
    163人がナイス!しています
  • 外界と遮断されてしまった吹雪の山荘を舞台にした物語の後編。白秋の「雨」に見立てた殺人事件の犯人が明らかになる話。おぉ、これはニクい演出ですね。正直トリックや動機に関しては全く分かりませんでしたが、物語 外界と遮断されてしまった吹雪の山荘を舞台にした物語の後編。白秋の「雨」に見立てた殺人事件の犯人が明らかになる話。おぉ、これはニクい演出ですね。正直トリックや動機に関しては全く分かりませんでしたが、物語に散りばめられた暗号で犯人が誰なのか気付くことが出来ました。どこか幻想的な雰囲気を残しながら、シンプルなミステリーとして物語を進行させていく。この技術力と演出の巧みさは流石というか、ただただ感心させられました。霧越邸という舞台に相応しい読後感の残る素晴らしい名作やね。積みっぱなしの館シリーズも読まないとだ。 …続きを読む
    まりも
    2016年08月03日
    135人がナイス!しています
  • 納得の本格ミステリ幻想風です。『もうすこしです』。巻末のインタビューでの説明を俺流翻訳すると「ミステリの偶然や道具立てのできすぎ感を超常的な要素で補完してしまうというある意味力技」ということかな?まぁ 納得の本格ミステリ幻想風です。『もうすこしです』。巻末のインタビューでの説明を俺流翻訳すると「ミステリの偶然や道具立てのできすぎ感を超常的な要素で補完してしまうというある意味力技」ということかな?まぁそれをもってしても、下巻になって突然その激さを発揮する鈴藤の深月への想いとか、真犯人のどっかで見たような「ボクチンの美学は世界一ィィィィ、凡俗には理解できなィィィ!」ノリ、全くではないにせよ唐突に捩じ込まれた感の探偵役なんかは少々興ざめ。とはいえミステリの仕掛けと重厚な描写はさすがの綾辻作品でしたとさ。 …続きを読む
    おかむー
    2014年04月30日
    117人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品