ラグナロク・トライアル -新・封神裁判-

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年12月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784048690997

ラグナロク・トライアル -新・封神裁判-

  • 著者 多宇部 貞人
  • イラスト 加藤 よし江
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年12月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784048690997

一柱(ヒトリ)を守るために、僕は世界を敵にする――

弁護神・伏羲と菊理姫が巻き込まれた奇妙な殺神事件を巡り、前代未聞のW裁判が開廷。その被告神とは、暴虐の北欧神・オーディンで!? さらに北欧神の謎を探るためアスガルドへ乗り込むことになるのだが……。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「ラグナロク・トライアル -新・封神裁判-」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 神界のTV番組に参加した弁護神の伏羲と菊理姫がTV局社主の殺神事件に巻き込まれ、その被疑者たちの弁護神に指名されてしまう第二弾。今回は北欧神話の神々が登場するお話になっていましたが、伏羲と菊理姫がそれ 神界のTV番組に参加した弁護神の伏羲と菊理姫がTV局社主の殺神事件に巻き込まれ、その被疑者たちの弁護神に指名されてしまう第二弾。今回は北欧神話の神々が登場するお話になっていましたが、伏羲と菊理姫がそれぞれの被疑者の弁護神として敵味方に分かれる状況、被疑者の殺神の疑惑が深まっていく中で最後まで真実に辿り着くべく粘って、その本音を引き出した熱い展開は今回も良かったですね。伏羲がなぜあんな神格になってるのかといった謎が残っていたり、思わせぶりな引きもあったりで次巻も期待したいところなんですが、続きは出るのかな。 …続きを読む
    よっち
    2015年01月28日
    20人がナイス!しています
  • 個人的に下半期新作部門なら1番だと思う。いや一応これ2巻目だけど。しっかりライトノベルしつつも、最後の裁判の部分の展開の仕方とかも勢いを殺さないように書けてる。しかし、ちょっとしか出てこなかったけど、 個人的に下半期新作部門なら1番だと思う。いや一応これ2巻目だけど。しっかりライトノベルしつつも、最後の裁判の部分の展開の仕方とかも勢いを殺さないように書けてる。しかし、ちょっとしか出てこなかったけど、アルテミスさん、あんなキリッとした挿絵の4ページ後がアレでいいんですか。まぁ、面白かったからいいけど。次巻の引きもしっかりつくってあるし、このシリーズはまだまだ読めそうかな。あと菊理姫かわいい。 …続きを読む
    中性色
    2014年12月14日
    11人がナイス!しています
  • 前巻と同様にとっても面白かったです。オーディンさんの容姿がとってもツボに嵌りました。★★★★★ 前巻と同様にとっても面白かったです。オーディンさんの容姿がとってもツボに嵌りました。★★★★★
    もだんたいむす
    2015年01月19日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品