不動産男子のワケあり物件

不動産男子のワケあり物件 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年01月28日
商品形態:
電子書籍

不動産男子のワケあり物件

  • 著者 成田 名璃子
発売日:
2016年01月28日
商品形態:
電子書籍

「不動産屋って、その人の人生の居場所とか、幸せまで探せる仕事なんじゃないですか?」

「不動産屋を見たら、まずは詐欺師だと疑え」 俺はそう断言できる。ウチの社長は平気で客を事故物件とか悪条件の部屋にぶち込もうとする。でも、本当に幸せになれる物件を宛てがうことが俺たちの仕事じゃないのか? お客さんが本当に満足できる物件がほかにもあったかもしれないのに、不動産屋の都合で部屋を押しつけるなんて……。 そんな想いを抱えるものの、自分も身元を偽って面接を受けた研修中の身。就職活動がうまく行かなかったとはいえ、本当にこんな不動産屋に就職して良いのだろうか? 物件探しにも役立つ、不動産業界の裏を描いた青春物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「不動産男子のワケあり物件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今作のテーマは不動産。あとがきによると、作者は間取りを見たりするのがすごく好きなんだそう。私は真逆で見ていると頭が痛くなってしまう…(笑)そして不動産屋がうさんくさくみえるという作者の言葉にも共感(笑 今作のテーマは不動産。あとがきによると、作者は間取りを見たりするのがすごく好きなんだそう。私は真逆で見ていると頭が痛くなってしまう…(笑)そして不動産屋がうさんくさくみえるという作者の言葉にも共感(笑)うさんくささ満載の不動産屋が舞台。内定が全くとれないおちこぼれ学生が、とあるきっかけでバイトをすることになり、悪徳社長(?)に反抗してお客様の幸せのために動く…という奮闘記。最初はありえない設定かなと思ったけど、読み進めるうちに登場人物たちが大好きに。その後の彼がぜひ見てみたい。 …続きを読む
    yanae
    2017年12月18日
    76人がナイス!しています
  • 身元を偽ってもぐりこんだ会社は、悪徳不動産屋だった・・・。登場人物それぞれがワケありで、物件の描写もリアルで、ライトながら読み応えがあった。 身元を偽ってもぐりこんだ会社は、悪徳不動産屋だった・・・。登場人物それぞれがワケありで、物件の描写もリアルで、ライトながら読み応えがあった。
    佐島楓@勉強中
    2016年03月16日
    53人がナイス!しています
  • 成田作品にしては全体的に殺伐?とした空気もあったけど…やっぱり成田作品でした。 モブ男な主人公が身分を偽って不動産会社に仮採用され仕事をしていく中で不動産業界の裏側や悪意を味わってしまう。 お客さんへ 成田作品にしては全体的に殺伐?とした空気もあったけど…やっぱり成田作品でした。 モブ男な主人公が身分を偽って不動産会社に仮採用され仕事をしていく中で不動産業界の裏側や悪意を味わってしまう。 お客さんへの思いと会社の思いの狭間での葛藤、身分を偽ってる後ろめたさ。主人公の心情に痛い思いでした。 堅気離れした社長、超美人だけど謎を含んだ杏奈さん、これまた謎だけど温かい会長の香坂さん、そのまんま優しいマスター。少し重い目の展開も最後はいい感じ。 杏奈さんとの仲はきっと上手くいくんかな~? …続きを読む
    カメ吉
    2019年03月08日
    43人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品