復讐ゲーム ―リアル人間将棋―

復讐ゲーム ―リアル人間将棋― 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年10月29日
商品形態:
電子書籍

復讐ゲーム ―リアル人間将棋―

  • 著者 青葉 優一
発売日:
2015年10月29日
商品形態:
電子書籍

取られた駒は死ぬ。それが仁義なきリアル人間将棋。

将棋部に所属する南と後藤は、お互いの彼女を連れてダブルデートを重ねるなど、充実した高校生活を謳歌していた。しかし、文化祭の準備で学校に泊まりこりみとなった夜、恐るべき復讐劇に巻き込まれる。  リアル人間将棋――それが復讐のために用意された舞台だった。 取られた駒は死ぬ、という仕掛けのもと、南と後藤は駒となった恋人を守るため、死力を尽くして対局に臨む。 一手一手が生死を分ける、待ったなしの人間将棋の結末は? 戦慄のリアルゲーム×サスペンス・ストーリー!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「復讐ゲーム ―リアル人間将棋―」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 爽やか青春将棋小説を書いた作者さんの新作は、将棋を使った復讐デスゲーム作品。前半と後半のギャップが激しすぎる。サクサク人が死んでいくことに加えて死ぬ間際の人間の絶叫がこれまたエグい事になってるし、物語 爽やか青春将棋小説を書いた作者さんの新作は、将棋を使った復讐デスゲーム作品。前半と後半のギャップが激しすぎる。サクサク人が死んでいくことに加えて死ぬ間際の人間の絶叫がこれまたエグい事になってるし、物語の結末も救いがないという徹底した鬼畜仕様でした。爽やかな読後感は皆無ですが、デスゲームと将棋を組み合わせた展開の巧さであったり、前半のバカップル青春劇は作者さんらしくて良かったと思う。面白かったけど、この作者さんにはもう少し爽やかな作品の方があってる気もしますね。次回作はどんなのでくるのかな? …続きを読む
    まりも
    2015年09月26日
    32人がナイス!しています
  • 平和な日常との差を…かもしれないけど、デスゲーム始まるまでが長い。人間将棋は駒になってる人のほとんどが将棋のルールを知らない・自分がどれくらい安全か危険かが分からないヒリヒリ感がよかった。でもこの固定 平和な日常との差を…かもしれないけど、デスゲーム始まるまでが長い。人間将棋は駒になってる人のほとんどが将棋のルールを知らない・自分がどれくらい安全か危険かが分からないヒリヒリ感がよかった。でもこの固定してる状態でも雑巾絞りとか胡桃割りとか色々殺害方法はあると思うんだけど、一種類だけなので途中から作業になってしまったのが残念。 『王手桂香取り!』は〈第一部・完〉で止まってるけど、あとがきの様子だとやっぱり二部はないのかなぁ…と。 …続きを読む
    coco夏ko10角
    2015年11月11日
    26人がナイス!しています
  • 悪くはないんだけどもと言ったところかな。作品の展開など土橋さんぽい感じで書かれていて結構好きなんだけども、前振りが長すぎてタイトルである復讐ゲームの内容が大分と薄くなってしまっているな。殺し方もワンパ 悪くはないんだけどもと言ったところかな。作品の展開など土橋さんぽい感じで書かれていて結構好きなんだけども、前振りが長すぎてタイトルである復讐ゲームの内容が大分と薄くなってしまっているな。殺し方もワンパターンだし最後の方は殆ど流れ作業感だったような気がして仕方が無い。 …続きを読む
    アウル
    2015年10月07日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品