現代語訳 神皇正統記 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年06月02日
商品形態:
電子書籍

現代語訳 神皇正統記

  • 著者 今谷 明
発売日:
2015年06月02日
商品形態:
電子書籍

「戦う公家」北畠親房が南北朝動乱のさなか南朝の正統を論じた歴史書

天皇の皇位継承の順位をめぐって朝廷と武家が二派に分かれてた「南北朝の動乱」のさなか、北畠親房が、南朝の正統性を主張するために著した歴史書。本邦初の現代語訳

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「現代語訳 神皇正統記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  •  岩田溫(@iwata910 )先生に紹介されて購入する。南北朝といふ戰乱の中、自らのよつてたつところを證明しようとする意圖が強く伺える。岩波文庫版で挫折した方は是非お薦めである。脚注が多い。  岩田溫(@iwata910 )先生に紹介されて購入する。南北朝といふ戰乱の中、自らのよつてたつところを證明しようとする意圖が強く伺える。岩波文庫版で挫折した方は是非お薦めである。脚注が多い。
    叛逆のくりぃむ
    2015年07月18日
    7人がナイス!しています
  • 南朝の臣北畠親房が天皇96代、後村上天皇までを書いた年代記。「現代語訳」なので、これで「神皇正統記を読んだ」と言ってしまう訳にはいかないが、割とストレスなく通読出来る入門書として有難い。解説・脚注共に 南朝の臣北畠親房が天皇96代、後村上天皇までを書いた年代記。「現代語訳」なので、これで「神皇正統記を読んだ」と言ってしまう訳にはいかないが、割とストレスなく通読出来る入門書として有難い。解説・脚注共に歴史家の視点で、親房の政治的立場や、親房の記述と歴史的事実との比較、後は人物紹介と歴史用語の説明が主なので、そこも読みやすさの一因かもしれない。「歴史的事実と異なる」「親房の立ち位置からくる身びいきで、公平ではない」などの批判的検討も散見されるがまあ穏当だと思う。歴史面・思想面共にもう少し掘り下げたいな。 …続きを読む
    きさらぎ
    2017年04月28日
    6人がナイス!しています
  • 神代から後醍醐天皇崩御後の第96代後村上天皇践祚迄の歴史書。著者は南朝の臣下の北畠親房(1293~1354)。村上源氏。具平親王の子が臣籍降下し源師房となり、道長の子を妻にしたので、天皇と藤原の子孫と 神代から後醍醐天皇崩御後の第96代後村上天皇践祚迄の歴史書。著者は南朝の臣下の北畠親房(1293~1354)。村上源氏。具平親王の子が臣籍降下し源師房となり、道長の子を妻にしたので、天皇と藤原の子孫となる。権大納言の家格だが、親房は大納言にまでなった。愚管抄と並ぶ中世歴史書であるが、愚管抄と比べて読み易いというより雑な感じだ。それ故、東国武士のために書かれたとも言われるのだろう。反足利尊氏として南北朝時代に書かれた。著作の意図は皇位承継の正統性を南朝の立場から明らかにすること。南朝が三種の神器を継受した。 …続きを読む
    Hiroshi
    2021年01月15日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品