権威と権力を分離した日本的王制 象徴天皇の源流

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年12月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784404041227

権威と権力を分離した日本的王制 象徴天皇の源流

  • 著者 今谷 明
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年12月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784404041227

日本における象徴天皇制の源を平安時代のなかに捉える―。中世天皇論の権威である著者による、天皇史の決定版。天皇制を理解するための用語集も掲載。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「権威と権力を分離した日本的王制 象徴天皇の源流」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 天皇は早くから権威と権力が分離し、天皇自ら政治を執ることは古来希であった。本書は中世史専攻の著者が、桓武帝まで遡って「象徴天皇」の源流を解き明かす試みである。したがって奈良・平安を中心とした時代の話で 天皇は早くから権威と権力が分離し、天皇自ら政治を執ることは古来希であった。本書は中世史専攻の著者が、桓武帝まで遡って「象徴天皇」の源流を解き明かす試みである。したがって奈良・平安を中心とした時代の話である。こういう大きなテーマを掲げた本は最近見られないのでなかなか面白かった。室町の足利義満の頃が最も天皇の権威が低下した時代で、戦国大名が天皇の名で停戦命令を出したおかげで戦国期が権威が上昇したとの指摘は面白い。 …続きを読む
    shinshin2638
    2015年12月14日
    5人がナイス!しています
  • 15-141★5 日本における象徴天皇制の源を平安時代のなかに捉える。権威と権力の分離がどのような過程を経て行われたのかを跡付け、中世武家時代 平安時代につぎつぎと精緻な執政機関が構築され、天皇は全く 15-141★5 日本における象徴天皇制の源を平安時代のなかに捉える。権威と権力の分離がどのような過程を経て行われたのかを跡付け、中世武家時代 平安時代につぎつぎと精緻な執政機関が構築され、天皇は全く「何もしなくても」太政官政治が回転するようになっていた。皇位継承の安定装置。中国式皇帝、平安中期の「象徴天皇制」がいかに継承されたかを読み解く。中世天皇論権威の著者による天皇史の決定版。 …続きを読む
    メルセ・ひすい
    2012年03月02日
    1人がナイス!しています
  • 日本が中世以降に天皇=権威・将軍=権力の分立した国家である事は日本人にならよく知られた話であるが、その分立がいつ何を契機にどうやって進んで行ったのかを平安期から追って行くもの。平安期のこの様な本は多く 日本が中世以降に天皇=権威・将軍=権力の分立した国家である事は日本人にならよく知られた話であるが、その分立がいつ何を契機にどうやって進んで行ったのかを平安期から追って行くもの。平安期のこの様な本は多くないので非常に面白かった。 …続きを読む
    Teo
    2012年03月12日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品