FAKE OF THE DEAD 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年06月25日
商品形態:
電子書籍

FAKE OF THE DEAD

  • 著者 土橋 真二郎
発売日:
2015年06月25日
商品形態:
電子書籍

偽りの終末世界で繰り広げられるリアルな“偽装”サスペンス!

「世界はゾンビに汚染された」 ゾンビの襲撃から逃れるため、真鍋和也と恋人の深雪たちは街外れのホームセンターに立て籠もっていた。ゾンビ感染の恐怖に怯えながらのサバイバル生活。 ──だが、それら“全て”は、恋人の深雪を救うために創りあげられた“偽りの終末世界”だった! 思わぬ闖入者の登場など、シナリオ通りに進まない虚像劇。さらには深雪の両親が残した隠し財産の存在まで発覚し……。ほころび始めた虚像劇の迎える結末とは──? 『ジレンマ』シリーズの土橋真二郎が贈る、フェイクでリアルなゾンビサスペンス!
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「FAKE OF THE DEAD」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何か土橋作品っぽくないですね。心が病んでしまった女の子の為にゾンビのいる世界を演出する話。土橋真二郎と言えば閉ざされた空間で追い込まれていく人間の心理描写の丁寧さ、それを用いたゲームの面白さを期待して 何か土橋作品っぽくないですね。心が病んでしまった女の子の為にゾンビのいる世界を演出する話。土橋真二郎と言えば閉ざされた空間で追い込まれていく人間の心理描写の丁寧さ、それを用いたゲームの面白さを期待してただけに今回の作品は引き込まれるモノが無かったのは残念。閉塞感がたりないせいか物語に緊張感が無かったです。ゲーム性のある話の方が良かったかな。 …続きを読む
    まりも
    2014年09月30日
    19人がナイス!しています
  • タイトルの『オブザデッド』からも分かるように(というのもやや乱暴な話ではあるが)、ゾンビの蔓延する世界を描いた物語。そして、それが『フェイク』ということは……? デビュー作から一貫して心理ゲームモノを タイトルの『オブザデッド』からも分かるように(というのもやや乱暴な話ではあるが)、ゾンビの蔓延する世界を描いた物語。そして、それが『フェイク』ということは……? デビュー作から一貫して心理ゲームモノを扱ってきた土橋さんにとって、恐らくは初のゲームをしていないエピソード。しかしながらこの彼らの過ごす世界あるいは空間には確固たるルールがあり、それを破ることにより世界は破綻し、登場人物は死を迎える。厳格にルールに順守したクライマックスの展開には、これもある種のゲーム世界を描いたものであると感じさせられた。 …続きを読む
    星野流人
    2014年10月25日
    16人がナイス!しています
  • 恋人の精神を安定させるために友人たちや主人公の演出家を巻き込んでゾンビ映画でよくやるサバイバルものをやる若者たちのサスペンス劇。 土橋真二郎作品は初めてでファンの人には物足りない部分もあるみたいだが( 恋人の精神を安定させるために友人たちや主人公の演出家を巻き込んでゾンビ映画でよくやるサバイバルものをやる若者たちのサスペンス劇。 土橋真二郎作品は初めてでファンの人には物足りない部分もあるみたいだが(中盤までは延々とゾンビ映画の真似事をしつつ何も知らないカップルに遭遇したり不良と戦ったりするが、茶番以外の何物でもない) 終盤ではヒロインの両親が残した遺産、謎の闖入者が実は… 友人たちがある意味ゾンビ映画のパターンで死んでいくこと、そしてヒロインとその恋人の末路、そしてどんでん返しなど茶番劇が崩壊するのが◎ …続きを読む
    METHIE
    2014年09月30日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品