試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
四六変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784047305106

ナイト・ワーカー

  • 著者 やまじえびね
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
四六変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784047305106

女は闇の中で、傷つきながら、踊る。唯一無二の実力派女流作家、そのノワールな世界に酔え。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ナイト・ワーカー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ミニシアターで短観映画を観るようなストーリーでした。絵もシンプルで綺麗でした。奈生や美冬のように人を困らせてまで欲望のままに自分の我を通す行き方をする人も世の中にはいるだろうな、と思いつつも理解も共 ミニシアターで短観映画を観るようなストーリーでした。絵もシンプルで綺麗でした。奈生や美冬のように人を困らせてまで欲望のままに自分の我を通す行き方をする人も世の中にはいるだろうな、と思いつつも理解も共感もできるかというと、私は無理だと思います。ナイト・ワーカーの内容は痛々しくてままならない。タカオのようなパートナーがマサミのそばにいることが幸いだと思いました。 …続きを読む
    arianrhod
    2015年10月26日
    6人がナイス!しています
  • 古本で購入。3話からなる中編『微熱のような』と、表題作にあたる短編をそれぞれ収録。ただエロティックと表現してよいのか戸惑うほど、恐ろしさと生々しさが勝る。つかみどころのない”怪物”も、この冷涼とも言え 古本で購入。3話からなる中編『微熱のような』と、表題作にあたる短編をそれぞれ収録。ただエロティックと表現してよいのか戸惑うほど、恐ろしさと生々しさが勝る。つかみどころのない”怪物”も、この冷涼とも言える筆致で淡々と描くからこそ、その狂気性が強まっていると感じる。虚構ではなく実話と錯覚するような、ストーリーはいかにも現実に潜み得る「闇」に焦点を当てたものだと言える。だからこそ、こんなにも恐ろしいのか……。「もう 戻れないところに わたしは 来てしまった」 …続きを読む
    s_s
    2022年06月06日
    3人がナイス!しています
  • 自分にとっては変が普通なはずなのに変であることは普通ではない、普通に生活しないことは変と教えられてるから正常という自身にとっては変な日常を送る。だけど、その片鱗は隠しきれない。絵も相まって脆くもボロボ 自分にとっては変が普通なはずなのに変であることは普通ではない、普通に生活しないことは変と教えられてるから正常という自身にとっては変な日常を送る。だけど、その片鱗は隠しきれない。絵も相まって脆くもボロボロな身体や髪型の日常感が僕らに「あるある」と思わせる怖さがある。 …続きを読む
    kasukade
    2015年05月06日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品