オードリー・ヘップバーンという生き方

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年11月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784046028983

オードリー・ヘップバーンという生き方

  • 著者 山口 路子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年11月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784046028983

「永遠の妖精」と謳われ、いまもなお世界中から愛されている女優、オードリー・ヘップバーン。その生き方をあらためて振り返る。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「オードリー・ヘップバーンという生き方」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 以前から、オードリー・ヘップバーンに憧れてはいたが、彼女の素敵な生き方や魅力的な人間性に触れるにつれて、ますます彼女に惹かれるようになった。真摯に謙虚に素直に上品に一生懸命に生きる様が、かっこ良くて、 以前から、オードリー・ヘップバーンに憧れてはいたが、彼女の素敵な生き方や魅力的な人間性に触れるにつれて、ますます彼女に惹かれるようになった。真摯に謙虚に素直に上品に一生懸命に生きる様が、かっこ良くて、美しくて・・・!オードリーの核や芯となるものが、彼女の発する言葉や出で立ちからうかがい知れ、心に響いた。戦争や家族不和・流産など辛い経験をたくさんしてきても、乗り越える強さを兼ね備えていた彼女に、最後に微笑んだ神様。ロバートのような男性と巡り会え、愛する息子たちとも温かい時間を過ごせ、本当に幸せだったと思う。 …続きを読む
    ハミング♪♪@LIVE ON LIVE
    2016年07月24日
    62人がナイス!しています
  • 彼女が発する言葉の一つ一つが美しくて素敵だった。彼女の人生は優雅で楽しいことばかりではなかった。戦争、両親の離婚など辛い経験をした子供時代。さらに彼女が大人になってからは自身の二度の離婚、4回の流産。 彼女が発する言葉の一つ一つが美しくて素敵だった。彼女の人生は優雅で楽しいことばかりではなかった。戦争、両親の離婚など辛い経験をした子供時代。さらに彼女が大人になってからは自身の二度の離婚、4回の流産。映画の中のオードリーしか知らなかったため、このような悲しみを経験していたことについては驚きが隠せない。晩年にユニセフ親善大使の活動を行なっていたことは有名だが、自らがスピーチをして各国政府に強く訴えかけていた。彼女が子供たちを救いたい という熱心な態度がうかがえた。 …続きを読む
    かぢゅ
    2017年07月17日
    41人がナイス!しています
  • 小学生の時に「ローマの休日」でオードリーに恋をしたと言っていいくらいに魅了されたことを覚えている。殆どの映画を観、そして今彼女について知ろうとしていた自分は、彼女が愛に生き、自分らしくいたことで輝いて 小学生の時に「ローマの休日」でオードリーに恋をしたと言っていいくらいに魅了されたことを覚えている。殆どの映画を観、そして今彼女について知ろうとしていた自分は、彼女が愛に生き、自分らしくいたことで輝いていたんだと。彼女の発する言葉が心に沁みてくるようでした。益々彼女がいないことが寂しく感じます。 …続きを読む
    佳乃
    2017年11月12日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品