試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年10月14日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784047299733

石精綺譚

  • 著 原 鮎美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年10月14日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784047299733

異形の瞳を宿す、孤独な少年の葛藤と希望。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「石精綺譚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 銀の瞳で獲物を石化させる石精。その石精の力を宿した変異種フィーカの成長物語、だと思うんだが、まだ成長途中なんです!これからが読みたいんです!!力を内緒にしたまま、誰かを石にしてしまうんじやないかと恐れ 銀の瞳で獲物を石化させる石精。その石精の力を宿した変異種フィーカの成長物語、だと思うんだが、まだ成長途中なんです!これからが読みたいんです!!力を内緒にしたまま、誰かを石にしてしまうんじやないかと恐れながら暮らしてたフィーカが力を制御出来るようになったとこまで。続きが読みたい! …続きを読む
    しましまこ
    2014年12月14日
    10人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ 短編。見たものを石化させる銀の瞳を持つ石精(形は爬虫類系)の住む世界の話。石精は危険な生物だけど、その心臓は人の役に立つため共存している。主人公フィーカは人間だけど銀の瞳を持つ稀有な存在だ ★★★☆☆ 短編。見たものを石化させる銀の瞳を持つ石精(形は爬虫類系)の住む世界の話。石精は危険な生物だけど、その心臓は人の役に立つため共存している。主人公フィーカは人間だけど銀の瞳を持つ稀有な存在だが、その能力に苦悩している。魅力的なファンタジーの世界観なんだけど、語られるのは極一部の技師工の話にとどまり、話が広がる要素もあったけど単巻なのか。もうちょっとこの世界を見てみたい。 …続きを読む
    うにやま=ゆぅ
    2015年01月22日
    2人がナイス!しています
  • レトロファンタジーでとても楽しかった。これシリーズしてくれてよいのになぁ レトロファンタジーでとても楽しかった。これシリーズしてくれてよいのになぁ
    samo
    2014年11月21日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品