トヨタの口ぐせ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784046028891

トヨタの口ぐせ

  • 著者 (株)OJTソリューションズ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784046028891

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「トヨタの口ぐせ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 普通のことが普通に書いてある。普通のことをするのがなかなか難しい。 普通のことが普通に書いてある。普通のことをするのがなかなか難しい。
    Motoki Horio
    2016年04月12日
    4人がナイス!しています
  • 良くも悪くもトヨタの口ぐせ。どちらかと言えば製造現場の為の、メーカーとしての、という本。 良くも悪くもトヨタの口ぐせ。どちらかと言えば製造現場の為の、メーカーとしての、という本。
    naolog
    2015年10月24日
    4人がナイス!しています
  • 世界で活躍する一流企業には、やはりそれなりの哲学があって、そこからよい口ぐせが生まれる。この手の本を読むと、どの企業もこんな考え方や意識を持って取り組めばいいのにと安直に思ってしまう。組織は大きくなれ 世界で活躍する一流企業には、やはりそれなりの哲学があって、そこからよい口ぐせが生まれる。この手の本を読むと、どの企業もこんな考え方や意識を持って取り組めばいいのにと安直に思ってしまう。組織は大きくなればなるほど変革することが難しくなり保守的になってしまうものなのだろうけれど、普段から使う言葉、まさに口ぐせから変革していけば、どんな組織でも転換し、時代に追従していくことはできるのではないかと感じた。リーダーの立場の人間がよい言葉を使えば、部下もきっとそれを真似る。よいリーダーの選定がとても重要だと思った。 …続きを読む
    わい
    2016年05月28日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品