MF文庫ダ・ヴィンチ

憧憬☆カトマンズ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040671345
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

MF文庫ダ・ヴィンチ

憧憬☆カトマンズ

  • 著者 宮木 あや子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040671345

痛快&爽快!ワーキングガールに元気をくれるハッピーストーリー

29歳の、私たち。派遣の生き方、正社員のやり方、仕事か恋か、外見か内面か、悩みは尽きない年頃だけど、それでもウルトラハッピーに生きていく! 爆笑ガールズトーク満載、読めば元気が出ること間違いなし!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「憧憬☆カトマンズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • まさにウルトラハッピーでぶっ飛んでいました。個性的なアラサー女子の仕事と恋に悩む姿がかっこいいです。媚びることもなく、プライドに固まることなく底抜けに明るい後藤ちゃんと中尾ちゃんを見ていると元気になり まさにウルトラハッピーでぶっ飛んでいました。個性的なアラサー女子の仕事と恋に悩む姿がかっこいいです。媚びることもなく、プライドに固まることなく底抜けに明るい後藤ちゃんと中尾ちゃんを見ていると元気になります。今を一生懸命生きている愛すべきアラサーにスカッとさせられました。ちょっとくだらなさもあるけれど、楽しいから良し。爽快で気持ちいい作品です。 …続きを読む
    優希
    2015年08月06日
    84人がナイス!しています
  • 宮木作品はアンソロジーで初めて読み、題名にひかれまずB面の『校閲ガール』、その後A面の『花宵道中』、B面の『セレモニー黒真珠』と続けて読んだ。この『憧憬☆カトマンズ』は、題名からアラサー女子がヒマラヤ 宮木作品はアンソロジーで初めて読み、題名にひかれまずB面の『校閲ガール』、その後A面の『花宵道中』、B面の『セレモニー黒真珠』と続けて読んだ。この『憧憬☆カトマンズ』は、題名からアラサー女子がヒマラヤを目指す小説かと勝手に思い違いをしていたが、一連のB面作品を読むと、もちろんアラサー女子以外も元気にしてくれるので読んでみた。後藤ちゃん、中尾ちゃんの下ネタも交えたガールズトークと、バカで有名なユー大卒と言いながら、仕事はキッチリこなす、このギャップが面白い。もちろん、もう一人の主人公パティも含めた恋模様も。 …続きを読む
    hiro
    2018年11月18日
    77人がナイス!しています
  • 面白かった!現実のアラサー女子はどうなのかは分かりかねるがここに出てくる後藤ちゃん、中尾ちゃんそしてパティそれぞれみんな頑張って生きている。派遣社員で働いてるが社員以上に能力を発揮している。ハイテンシ 面白かった!現実のアラサー女子はどうなのかは分かりかねるがここに出てくる後藤ちゃん、中尾ちゃんそしてパティそれぞれみんな頑張って生きている。派遣社員で働いてるが社員以上に能力を発揮している。ハイテンションなみんなだがその中に一本筋を通したものが見える。『セレモニー黒真珠』『校閲ガール』に登場する人たちが絡んでくるのもニヤリとさせられる。 …続きを読む
    Hitoshi Mita
    2016年11月25日
    55人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品