試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041026083

全国怪談 オトリヨセ

  • 著者 黒木 あるじ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041026083

47都道府県の怪異体験談

北は北海道から、南は沖縄まで。日本全国の都道府県から蒐集した47のご当地怪談実話を収録。ご当地で語り継がれる必然性を有した怪談を産地直送でお届けする、恐怖のカタログ・ブック!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「全国怪談 オトリヨセ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日本全国都道府県毎に一つの怪談が紹介されており、これで全国を旅した気分になれる。各怪奇現象の後に周囲の人に事情を聞くと昔からの言い伝えが教えられる。残虐な事件の怨念、悲惨な事故や古い歴史等。本書が優れ 日本全国都道府県毎に一つの怪談が紹介されており、これで全国を旅した気分になれる。各怪奇現象の後に周囲の人に事情を聞くと昔からの言い伝えが教えられる。残虐な事件の怨念、悲惨な事故や古い歴史等。本書が優れている点は現地の実際の地名が紹介されている事である。知っている場所もあれば初めて聞く所もあったが敢えて訪れようとは思わない。大切な事は先祖や歴史に対して畏敬の念を持ち続ける心と思う。嘘で固められた合成の心霊写真や安っぽいホラーを見るよりも本書の方が遙かに価値があったと思う。暑い夏に読むのに最適な読書であった。 …続きを読む
    テディ
    2017年08月25日
    68人がナイス!しています
  • 実話怪談集。各県から一話というコンセプトは非常に面白い。過去に似たような内容のゲームをプレイした事がありそちらが惨憺たる出来だったせいで初めは不安だったのだが、どの話も各地に密着した話で極めて興味深い 実話怪談集。各県から一話というコンセプトは非常に面白い。過去に似たような内容のゲームをプレイした事がありそちらが惨憺たる出来だったせいで初めは不安だったのだが、どの話も各地に密着した話で極めて興味深い。馴染み深い場所、関西ならあそこか、とほくそ笑んだり、居住県にそんな場所があるの知らなかったり、先に読んだ本と共通項があったりと個人的な事で楽しめた。ただ一部を除いて震え上がるような怖さの話がなかったのが残念。例外として嫌だったのが岐阜。前述のゲームでもとりわけ嫌さが目立ったし、何かあるんじゃないの?あの県。 …続きを読む
    HANA
    2014年10月07日
    51人がナイス!しています
  • 47都道府県のご当地怪談集。まるで全国の心霊スポットを回っているようで面白かったが、その分怖さは控えめ。黒木さんご自身もおっしゃってますが、東日本の人から見ると西日本はまさに異界、また逆も然り。私は生 47都道府県のご当地怪談集。まるで全国の心霊スポットを回っているようで面白かったが、その分怖さは控えめ。黒木さんご自身もおっしゃってますが、東日本の人から見ると西日本はまさに異界、また逆も然り。私は生まれも育ちも西日本なので、やはり西の話の方がしっくり感じたのは気のせいか。どちらかというと、その県出身じゃない人が知らずに踏み込んでしまって怖い目に遭うという話が多かったように思う。やはりその地域にはその地域の暗黙のルールがありますからね。個人的には「廃ホテル」「夜鳴く犬」「夜歩く男」「シオキバ」が怖かった。 …続きを読む
    みくろ
    2015年06月27日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品