従軍慰安婦と靖国神社 一言語学者の随想

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年08月09日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
180
ISBN:
9784047313910

従軍慰安婦と靖国神社 一言語学者の随想

  • 著者 田中 克彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年08月09日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
180
ISBN:
9784047313910

たたかう言語学者・田中克彦が投げかける比較日本文化論

戦後何年経っても、解決の糸口すら見えない「従軍慰安婦」問題と「靖国神社」問題。日本人にとっては避けて通れないこの二つの問題に、田中克彦80歳が正面から向き合い、エスプリの効いた論を展開しています。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「従軍慰安婦と靖国神社 一言語学者の随想」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「ひまひまに書いた」との言に納得の飲み会の語りみたいな本。大いに同意するところもあり、そうでないところもあり。本書の取り上げる問題が政治の具にされることはそれはもう致し方ないことだろうとあきらめている 「ひまひまに書いた」との言に納得の飲み会の語りみたいな本。大いに同意するところもあり、そうでないところもあり。本書の取り上げる問題が政治の具にされることはそれはもう致し方ないことだろうとあきらめているけれど、個人がその尻馬に無批判に乗っかる必要はないわけで。まるでコピペのような憎悪をまき散らすものにはあえて「対手とせず」の精神でのぞもうという意気を新たにしたのでした。 …続きを読む
    圓子
    2018年10月27日
    3人がナイス!しています
  • 文字が読みにくかった。意識してかどうかはわからないが、戦前使っていたようなフォントに見える。次に思ったこと、誰に向けて書いたものだろうか。想定される誰かとして、本に2度登場する人のことを思い出した。表 文字が読みにくかった。意識してかどうかはわからないが、戦前使っていたようなフォントに見える。次に思ったこと、誰に向けて書いたものだろうか。想定される誰かとして、本に2度登場する人のことを思い出した。表題にある二つのテーマ、いずれも語る資格がないと思っている人が多いが、彼が2年留学したドイツのボンで選んだのはモンゴル学と民俗学だった。若いうちには叙事詩のゲセルに関する論文を書いてたこともあるし、安丸良夫氏と長く友人であったことも本の端々にでてくる。靖國神社に関する論考はその知識に基づいてのものだろう。 …続きを読む
    samandabadra
    2017年01月05日
    1人がナイス!しています
  • 従軍慰安婦に関しては事実誤認してるとしか考えられないような記述もあるし、色々と気になる点はあるんですけど、まぁ飲み会でエライ言語学者が自分の専門分野ではないことに関して持論を展開してるのを聞くつもりで 従軍慰安婦に関しては事実誤認してるとしか考えられないような記述もあるし、色々と気になる点はあるんですけど、まぁ飲み会でエライ言語学者が自分の専門分野ではないことに関して持論を展開してるのを聞くつもりで読めばそこそこおもしろい。 なるほど、と思うことも多いし、はぁ?と思うことも多い。そんな本。 …続きを読む
    ミネチュ
    2015年01月18日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品