「絶望の時代」の希望の恋愛学

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年12月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784046001160

「絶望の時代」の希望の恋愛学

  • 編著 宮台 真司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年12月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784046001160

僕らはもう、「恋愛」で幸せになれないのか?

非モテ、負け犬、草食系男子、アイドルブーム、「非婚」……「不幸な時代」の男と女を、ミヤダイが斬る! 人間関係と社会に絶望している君に贈る、恋愛と社会の教科書。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「「絶望の時代」の希望の恋愛学」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 恋愛学というかナンパの哲学って感じだった。途中セックスがゲシュタルト崩壊した。ナンパ云々はピンと来なかったけど対人関係における極意みたいなものは学べた。自己防衛はさっさとやめて相手に関心を寄せること、 恋愛学というかナンパの哲学って感じだった。途中セックスがゲシュタルト崩壊した。ナンパ云々はピンと来なかったけど対人関係における極意みたいなものは学べた。自己防衛はさっさとやめて相手に関心を寄せること、そのためには自分を開いていくことが大事だという。あと雑誌のモテ特集なんかでは好きな相手の好みに合わせることをおすすめしていることが多いけど、この本では「知らない魅力的な世界に連れて行ってくれそう」と思わせるように、あえて知らない世界を提示することが効果的なアピールにつながるという話がおもしろかった。 …続きを読む
    Y
    2014年02月11日
    38人がナイス!しています
  • エピローグだけは読む価値あり。風俗嬢の参入動機を三つに分け、ギャル系、清楚OL系の動機背景には親への恨みがある。ギャル系にはネグレクト親、清楚系は過干渉教育親がいるが、この二つの系統が客を物格化(モノ エピローグだけは読む価値あり。風俗嬢の参入動機を三つに分け、ギャル系、清楚OL系の動機背景には親への恨みがある。ギャル系にはネグレクト親、清楚系は過干渉教育親がいるが、この二つの系統が客を物格化(モノ扱い)する。過干渉された男子は母親に制御されルサンチマンを抱えているので、今度は復讐的に女子を制御しようとする。子どもをモノ扱いする親が増えたため、子どもも互いにモノ扱いするので、この物格化の連鎖を断ち切ろうというお話。エピ前までの宮台のナンパ体験の話は、実はそのトラウマを乗り越えた俺の話に過ぎない。 …続きを読む
    小鈴
    2014年01月06日
    14人がナイス!しています
  • 宮台 :一人の人間との間に、もっとディープで、カオス的で、内省的な関係を見つけることにだけ、執着します。僕もこれが結婚の動機だな。 宮台 :一人の人間との間に、もっとディープで、カオス的で、内省的な関係を見つけることにだけ、執着します。僕もこれが結婚の動機だな。
    ミズグ
    2014年03月08日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品