宮部みゆきの江戸怪談散歩

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年08月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784806148500

宮部みゆきの江戸怪談散歩

  • 責任編集 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年08月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784806148500


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「宮部みゆきの江戸怪談散歩」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 偶々読書メーターの読友さんの1人が感想を挙げているのを見て本書の存在を知った次第。いやあ、やはり読書の友は作るべきである。宮部氏の時代怪談物の舞台となった地を練り歩き、それぞれの舞台となった史跡や寺社 偶々読書メーターの読友さんの1人が感想を挙げているのを見て本書の存在を知った次第。いやあ、やはり読書の友は作るべきである。宮部氏の時代怪談物の舞台となった地を練り歩き、それぞれの舞台となった史跡や寺社・仏閣が紹介されている。現代の東京の地図のみならず、江戸の古地図まで配された充実ぶり。50ページに亘る北村薫氏との怪談談義は本書のメイン。非常に濃い内容で、興味深く読んだ。ホラーと怪談の違いについて存分に語られている。本書を片手に「ブラタモリ」よろしく、宮部氏の描く江戸ワールドを歩く、こんな乙なものはない。 …続きを読む
    Tetchy
    2018年07月30日
    163人がナイス!しています
  • 宮部さんのシリーズの一つの三島屋に関連する場所やほかの怪談シリーズについての場所を歩いたりするところなどカラー版の箇所が楽しめます。また北村薫さんとの対談でもお二人の掛け合いがいいですね。宮部さんの短 宮部さんのシリーズの一つの三島屋に関連する場所やほかの怪談シリーズについての場所を歩いたりするところなどカラー版の箇所が楽しめます。また北村薫さんとの対談でもお二人の掛け合いがいいですね。宮部さんの短編が二つと宮部さんが選んだ掌編がやはり2編収められています。お得な本だと思います。 …続きを読む
    KAZOO
    2018年05月18日
    124人がナイス!しています
  • 学生時代は浅草でバイトをやったり、十数年深川辺りに住んでいたこともあり、江戸の町にはひとかたならぬ興味を持っています。古地図と現代地図を見比べながらのまち歩き、食い歩き、東京にお住まいでない方には申し 学生時代は浅草でバイトをやったり、十数年深川辺りに住んでいたこともあり、江戸の町にはひとかたならぬ興味を持っています。古地図と現代地図を見比べながらのまち歩き、食い歩き、東京にお住まいでない方には申し訳ないのですが、時代物小説が好きな人にはたまらない、副産物を味わっています。そうした中でのこの「怪談散歩」。「三島屋シリーズ」の舞台裏をはじめ、北村薫さんとの対談や宮部さんご推薦のお話など、数珠の宮部怪談への道案内。特に福澤徹三さんの「怪の再生」には参った。なにはともあれ、宮部怪談ファンには必読の本。 …続きを読む
    kishikan
    2015年03月30日
    89人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品