カメラが撮らえた 勤王派と佐幕派 幕末の志士

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年10月29日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784046000255

カメラが撮らえた 勤王派と佐幕派 幕末の志士

  • 編 『歴史読本』編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年10月29日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784046000255

オールカラーで迫る幕末・維新期を生きた200人の肖像

明治天皇が蒐集を命じられた「人物写真帖」の肖像写真をはじめ、勤王派だけではなく佐幕派を含む近代日本を牽引した志士達の希少な古写真をオールカラーで収録。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「カメラが撮らえた 勤王派と佐幕派 幕末の志士」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「歴史読本」編集部。ビジュアル選書としてシリーズもの。幕末から明治初期の志士たちの肖像写真と簡単な解説。解説は十分ではないが写真が多くを物語る。巻頭を飾るのは、明治天皇に仕えた49名の志士の紹介。つづ 「歴史読本」編集部。ビジュアル選書としてシリーズもの。幕末から明治初期の志士たちの肖像写真と簡単な解説。解説は十分ではないが写真が多くを物語る。巻頭を飾るのは、明治天皇に仕えた49名の志士の紹介。つづいて「勤王の志士」「佐幕の志士」の紹介。勤王では藩毎、佐幕では幕閣、新撰組、蝦夷共和国…となる。まだまだ知らない名前が多く、幕末の小説を読むときに一助になりそう。 …続きを読む
    mura_わくわく
    2014年04月06日
    37人がナイス!しています
  • 坂本龍馬の写真が載ってから。それがこの本を選んだ理由です。縁台でくつろいでいる写真が興味深かったです。僅かに口元が緩んでいるような感じが、ほほえましいかな。 それにしても、どの写真もきりりとしたものば 坂本龍馬の写真が載ってから。それがこの本を選んだ理由です。縁台でくつろいでいる写真が興味深かったです。僅かに口元が緩んでいるような感じが、ほほえましいかな。 それにしても、どの写真もきりりとしたものばかり。笑ったり泣いたり怒ったりしている写真はありません。もちろん、「よお!」なんて手を挙げているものも。 人前では喜怒哀楽をあらわさないのが、普通だったのでしょうか。謎です。 …続きを読む
    sora
    2014年01月16日
    24人がナイス!しています
  • 7点/10点 不満である。福岡藩の選抜が平野国臣、久留米藩の選抜が真木和泉。この2人ぎりだからだ。しかも「カメラが撮らえた」と言いながら、この2名は肖像画であるという。これは詐欺である!福岡藩士だって 7点/10点 不満である。福岡藩の選抜が平野国臣、久留米藩の選抜が真木和泉。この2人ぎりだからだ。しかも「カメラが撮らえた」と言いながら、この2名は肖像画であるという。これは詐欺である!福岡藩士だって久留米藩士だって、それなりに写真を残しているというのに。詐欺かつ怠慢ではないか!僕は断固として抗議する!と、いうのは冗談で、何と言っても表紙の存在感は素晴らしい。他にも珍しい写真もあり、人物紹介より写真集としての価値はあるだろう。黒田清隆・大隈重信・板垣退助村・田新八が印象的。あと大山巌のマロンとした顔とか …続きを読む
    読書管理用
    2013年12月19日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品