耳袋の怪

耳袋の怪 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年06月27日
商品形態:
電子書籍

耳袋の怪

  • 著者 根岸 鎮衛
  • 訳者 志村 有弘
発売日:
2013年06月27日
商品形態:
電子書籍

昔も今も、怖い話は語り継がれる……。

江戸時代の人々の恐怖に対する認識は現在と異なるのであろうか。江戸時代の巷のうわさ話を集めた耳袋には、不可思議な現象を示す話が数多く収録されている。本書は怪異現象に関する話を抄録し、現代語訳で紹介する。※本作品は紙版の書籍から解説が未収録となっています。あらかじめご了承ください。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「耳袋の怪」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 江戸時代に書かれた怪異譚集。実は、各百話の話が全十巻に収録されているらしい。各一話は短く簡潔で読みやすい。中には状況描写はなく言い伝えを数行で紹介したものもある。解説にも書かれているが本作品の特徴は、 江戸時代に書かれた怪異譚集。実は、各百話の話が全十巻に収録されているらしい。各一話は短く簡潔で読みやすい。中には状況描写はなく言い伝えを数行で紹介したものもある。解説にも書かれているが本作品の特徴は、怪異の正体が明らかにされずに未結となっている事である。怖さよりもほのぼのした気持にさせられるのはこうした非完結な文体によるものなのであろう。例えば喋る事が出来る猫を見て激昂する老人の話はあっさりとしていたものの味わい深い余韻を感じた。本書は、現代語訳で読み易くなっている。他の古典である説話文学も読んでみたい。 …続きを読む
    テディ
    2017年08月25日
    38人がナイス!しています
  • ほとんどの話は簡潔で、聞き書きの形式をとっているところが面白い。宮部みゆき氏の「霊験お初捕物控」シリーズも読んだので、作者の根岸鎮衛氏、本人に興味を持ってしまいます。どんな心持ちでこの耳袋を書き溜めた ほとんどの話は簡潔で、聞き書きの形式をとっているところが面白い。宮部みゆき氏の「霊験お初捕物控」シリーズも読んだので、作者の根岸鎮衛氏、本人に興味を持ってしまいます。どんな心持ちでこの耳袋を書き溜めたんだろう。また、現在の技術で、どのくらいの&どのような問題が解決できるのかしら?...とふと思いました。 …続きを読む
    majsan
    2013年08月11日
    20人がナイス!しています
  • 初読。「新耳袋」の元ネタ、江戸時代の御奉行根岸鎮衛が町の噂話を収集編纂した説話集。本書はそこから怪談・奇談に分類されるものだけを採り現代語訳で紹介している。説話は昔話ではなく、同時代の話に限るのでまさ 初読。「新耳袋」の元ネタ、江戸時代の御奉行根岸鎮衛が町の噂話を収集編纂した説話集。本書はそこから怪談・奇談に分類されるものだけを採り現代語訳で紹介している。説話は昔話ではなく、同時代の話に限るのでまさに江戸時代の実話怪談集となっている。編者の趣味で個人的に収集されたようだが、怪談の類に関しては頭から信じ込んでいたわけでもなくなかなか冷静な分析も見られ、興味深い。ちなみに現代なら幽霊を見たならば逃げるか気絶するかするが、江戸時代の武家人の場合には「化生の者め」と斬り捨てる選択肢があることが何やら面白い。 …続きを読む
    クナコ@小野不由美祭り中
    2019年02月15日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品