試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年11月22日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
雑誌コード:
5264992
ISBN:
9784840133920

鬼の作左1

  • 著者 西条 真二
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年11月22日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
雑誌コード:
5264992
ISBN:
9784840133920

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鬼の作左1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 安彦良和の『三河物語』を先に読んでいたので、若々しい姿の大久保彦左衛門が新鮮に感じられました。 安彦良和の『三河物語』を先に読んでいたので、若々しい姿の大久保彦左衛門が新鮮に感じられました。
    更紗蝦
    2015年12月27日
    7人がナイス!しています
  • 信長、秀吉、家康とある意味物語要素たっぷりの男より更に恐ろしい男、本多作左!って、語り尽くされた時代と思われたところでもまだまだ切り口で面白くなるなぁと感心しました。この物語の着地点が楽しみだ。 信長、秀吉、家康とある意味物語要素たっぷりの男より更に恐ろしい男、本多作左!って、語り尽くされた時代と思われたところでもまだまだ切り口で面白くなるなぁと感心しました。この物語の着地点が楽しみだ。
    柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中
    2010年11月30日
    5人がナイス!しています
  • 舞台が戦国時代でも西条ワールドは不変。当然のように「ハハハハーッ!」が登場人物の口癖になってる。 舞台が戦国時代でも西条ワールドは不変。当然のように「ハハハハーッ!」が登場人物の口癖になってる。
    電球
    2011年06月18日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品