好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840132367

好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。

  • 著者 有川 浩
  • 著者 朝倉 かすみ
  • 著者 梨屋 アリエ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840132367


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「好き、だった。 はじめての失恋、七つの話。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 7名の作家が失恋をテーマして描いたアンソロジー*色んな失恋の形があります。有川浩さん、宮木あや子さん以外の方は初読み。失恋のお話ですが、それぞれ前向きな終わり方で読後感良かったです。お気に入りは有川浩 7名の作家が失恋をテーマして描いたアンソロジー*色んな失恋の形があります。有川浩さん、宮木あや子さん以外の方は初読み。失恋のお話ですが、それぞれ前向きな終わり方で読後感良かったです。お気に入りは有川浩さん「失恋演算」、吉野万里子さん「マリン・ロマンティスト」、既読でしたが宮木あや子さん「はじめてのお葬式」。有川さんの好きになってはいけない人に恋するお話も吉野さんの終わってしまった相手のお話も切ないですが、宮木さんのお話は『セレモニー黒真珠』で読んだ時も泣きましたが、とても切なくてまた泣いてしまいました。 …続きを読む
    ❁かな❁しばらくお休みします。
    2016年10月08日
    164人がナイス!しています
  • 失恋した事ない人ってホントにいるのかなぁ? 恋って対異性だけじゃないから普通の地球人だったら絶対に何かしら失恋してると思うんだよね。このアンソロジーは そういうことだよね。私、おっさんなもんで、やはり 失恋した事ない人ってホントにいるのかなぁ? 恋って対異性だけじゃないから普通の地球人だったら絶対に何かしら失恋してると思うんだよね。このアンソロジーは そういうことだよね。私、おっさんなもんで、やはり男性目線で読んでしまいます… ですので女性の受け取り方とは違うとは思いますが、有川浩作品のヒリヒリ感が好きです!ですがこの本でのfavoriteは、吉野さんの「マリン・ロマンティスト」!年齢的にかぶってるし… 心がヒリヒリ、チクチクです! …続きを読む
    Shinji
    2015年05月14日
    100人がナイス!しています
  • 【図書館】タイトルが過去形…ということからもわかる通り、いろんな失恋のお話を集めたアンソロジーです。有川さんお目当てで手に取り、ほかは初読の方ばかりでしたが…短いお話が多く、雰囲気もいろいろで気軽に楽 【図書館】タイトルが過去形…ということからもわかる通り、いろんな失恋のお話を集めたアンソロジーです。有川さんお目当てで手に取り、ほかは初読の方ばかりでしたが…短いお話が多く、雰囲気もいろいろで気軽に楽しめました。 …続きを読む
    しゅわ
    2013年07月17日
    94人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品