ありがと。 あのころの宝もの十二話

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年10月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840111553

ありがと。 あのころの宝もの十二話

  • 著者 狗飼 恭子
  • 編集 ダ・ヴィンチ編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年10月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840111553

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ありがと。 あのころの宝もの十二話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ありがとをテーマにしたアンソロジー。初めて読む作家さんが多かった。最後の横森さんの生まれ変わりの話が良かった。それぞれの生まれ変わりには全然繋がりは無いのだがあの頃の宝物がキラキラしてた。 ありがとをテーマにしたアンソロジー。初めて読む作家さんが多かった。最後の横森さんの生まれ変わりの話が良かった。それぞれの生まれ変わりには全然繋がりは無いのだがあの頃の宝物がキラキラしてた。
    マンダリン子
    2017年11月15日
    59人がナイス!しています
  • 「あのころの宝もの」をテーマに綴った女性作家12名の短編集です。うむ、これが宝もの?!という内容もありました。でも、宝ものって、人それぞれですものね。良かったのは狗飼恭子さん、加納朋子さんでした。 「あのころの宝もの」をテーマに綴った女性作家12名の短編集です。うむ、これが宝もの?!という内容もありました。でも、宝ものって、人それぞれですものね。良かったのは狗飼恭子さん、加納朋子さんでした。
    アクビちゃん
    2018年01月01日
    42人がナイス!しています
  • これほどまでに、タイトルと内容が一致しないように思えたアンソロジーは初めてかも。「ありがと」=感謝だと思うのですが、「感謝」の”か”の字”も伝わらないor誰にありがとなのか分からない作品が多かったです これほどまでに、タイトルと内容が一致しないように思えたアンソロジーは初めてかも。「ありがと」=感謝だと思うのですが、「感謝」の”か”の字”も伝わらないor誰にありがとなのか分からない作品が多かったです(読み切れていないだけなのでしょうか?)。ありがとうの気持ちが伝わってきたのは、加納さんと中山さんくらいだったでしょうか。編集の方は、ちゃんと各作家さんに「ありがと」というテーマで作品をお願いしますと依頼したのだろうか?と要らぬ想像をしてしまいました。 …続きを読む
    もりのくまお
    2018年05月05日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品