Avalon 灰色の貴婦人

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840107426

Avalon 灰色の貴婦人

  • 著者 押井 守
  • イラスト toi8
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840107426

  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「Avalon 灰色の貴婦人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読、近未来のネット体感ゲーム〈アヴァロン〉を描く実写映画『Avalon』の、監督自身による後日譚。映画の主人公は東欧女性だが、本書の主人公は日本人男性。映画未見でも理解可能、というかゲーム〈アヴァロ 再読、近未来のネット体感ゲーム〈アヴァロン〉を描く実写映画『Avalon』の、監督自身による後日譚。映画の主人公は東欧女性だが、本書の主人公は日本人男性。映画未見でも理解可能、というかゲーム〈アヴァロン〉の設定に関しては、映画既出の情報しかない(が、文章なので説明は丁寧)。著者の溢れるミリタリー愛と、“野郎の世界”的な日常描写が楽しいので、映画見た人でも読む価値はある。中華料理店の食事狼藉シーン最高(笑)。私はTH64使いのムライがお気に入り。 …続きを読む
    卯月
    2012年10月08日
    5人がナイス!しています
  • ここはリアルかゲームの中か…。ともあれ膨大な銃の情報がとんでもない。ちょっとしたガンマニアになった気分が味わえます。 ここはリアルかゲームの中か…。ともあれ膨大な銃の情報がとんでもない。ちょっとしたガンマニアになった気分が味わえます。
    北白川にゃんこ
    2015年07月30日
    3人がナイス!しています
  • 同名映画とは、パラレルのような作品なのかと思っていたら、地続きの物語で興奮した。映画では語られない、世界の詳細なディテールや徹底した銃器描写に、監督お得意の戦闘論など、紛れもなく押井守の小説だった。解 同名映画とは、パラレルのような作品なのかと思っていたら、地続きの物語で興奮した。映画では語られない、世界の詳細なディテールや徹底した銃器描写に、監督お得意の戦闘論など、紛れもなく押井守の小説だった。解説でも語られている通り、詳細に過ぎるディテールが、揺らぐ現実を叩きつけるラストに良い効果を出している。理詰めの分析もさることながら、最後まで面白さを損なわない小説家としての力に、改めて感服。飯を食う描写が、美味しそうで楽しそうで。 …続きを読む
    長谷川
    2013年06月16日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品