ヴィヴァーチェ 宇宙へ地球へ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041006474

ヴィヴァーチェ 宇宙へ地球へ

  • 著者 あさの あつこ
  • イラスト toi8
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041006474

少年たちのブレイブ・ファンタジー、心ゆさぶるクライマックス!

地球を飛び出したヤンは、自らを王女と名乗る少女ウラと、忠実な護衛兵士スオウと出会う。彼らが船の行き先にと強制したのは、幽霊海賊船となったヴィヴァーチェ号が輸送船を襲った地点。そこに突如、謎の船が現れ!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ヴィヴァーチェ 宇宙へ地球へ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ちょっと悲しかったけどおもしろかった◎ ちょっと悲しかったけどおもしろかった◎
    こかげ*ゆるゆる
    2014年05月31日
    25人がナイス!しています
  • 謎に包まれたヴィヴァーチェの最期。そして半ば英雄視されたライという存在。王宮に連れ去られその所在が不明となった妹ナコ。その妹に瓜二つのウラ。宇宙に逃れたヤン達の前に次々に襲い掛かる苦難。一気読み必至の 謎に包まれたヴィヴァーチェの最期。そして半ば英雄視されたライという存在。王宮に連れ去られその所在が不明となった妹ナコ。その妹に瓜二つのウラ。宇宙に逃れたヤン達の前に次々に襲い掛かる苦難。一気読み必至の展開は、途中まで良かった。そう途中まで。ライの過去が語られだしてからの展開は、こじつけ感が強くなんだかな~。前巻でも感じたが、宇宙開発という科学力の発達した世界と王政という懐古的な世界が不協和音を奏でているとでも言おうか…。あさのさんの文章力でなんとか最後まで読了したものの、ちょっと消化不良気味な作品でした。 …続きを読む
    福猫
    2016年07月14日
    20人がナイス!しています
  • な〜る。そー来るかぁ。なかなか、懐かしい感じで、楽しめた作品。感想は、そのまま、ネタバレになっちゃいそーなんだよなぁ。やめとこ。 な〜る。そー来るかぁ。なかなか、懐かしい感じで、楽しめた作品。感想は、そのまま、ネタバレになっちゃいそーなんだよなぁ。やめとこ。
    σ(-。-)
    2013年05月25日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品