フェルメールの仮面

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
338
ISBN:
9784041102688

フェルメールの仮面

  • 著者 小林 英樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
338
ISBN:
9784041102688

"もう一人のフェルメール"の正体とは――?

高い模写能力をもつ折原祐一郎は破格の条件である絵画の修復を頼まれるが、それはフェルメールをめぐる陰謀の始まりだった。贋作疑惑が囁かれる絵画を描いたのは何者なのか? 迫真の美術サスペンス!

メディアミックス情報

NEWS

「フェルメールの仮面」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • フェルメールは大ファンでむかしからマウリッツハイス美術館や日本で公開されたときに見に行っています。これはそのフェルメールに関するミステリーなのですが、私はどちらかというよりも作者の専門家としての様々な フェルメールは大ファンでむかしからマウリッツハイス美術館や日本で公開されたときに見に行っています。これはそのフェルメールに関するミステリーなのですが、私はどちらかというよりも作者の専門家としての様々な絵の模写や技法について非常に興味深く読みました。そちらが主題で、話の筋が添え物のような感じで読んでいました。絵の好きな人には楽しめます。ミステリーを楽しむ人には少し不満があるかもしれません。 …続きを読む
    KAZOO
    2016年04月02日
    171人がナイス!しています
  • 私のようなシロウトには本物も模写もわからない。偽物でも綺麗な絵は綺麗なので、本物が傷むのを防ぐ目的や道楽目的ならば許されると思っていたけど、自分は騙せないということなのかな。フェルメールの光の話や利き 私のようなシロウトには本物も模写もわからない。偽物でも綺麗な絵は綺麗なので、本物が傷むのを防ぐ目的や道楽目的ならば許されると思っていたけど、自分は騙せないということなのかな。フェルメールの光の話や利き腕の話はすごく興味深かった。ただ、主人公が魅力的でないことと話がスロースタートだったことで、なかなか本を読むスピードが上がらなかった。さらにちょっと気になったんだけど、会話がどうしてあんなに不自然なんだろう。舞台のセリフみたいな感じで、読むのが疲れた。でもロマンのある話で、全体的にはまずまずというところ。 …続きを読む
    つーこ
    2013年03月31日
    36人がナイス!しています
  • 美大の先生がフェルメールの贋作疑惑を題材に描いた物語。小説仕立てにしたのは、広く一般に絵画の魅力を知ってほしいから、と受け止めておく。模写について全くと言っていいほど知識がなかったので、模写専門の技術 美大の先生がフェルメールの贋作疑惑を題材に描いた物語。小説仕立てにしたのは、広く一般に絵画の魅力を知ってほしいから、と受け止めておく。模写について全くと言っていいほど知識がなかったので、模写専門の技術者(?)が存在することに驚く。と同時に、絵画の世界も歴史や政治と密接に結びついていることにも興味を惹かれる。中世の西欧美術をよく知る人にはより深く楽しめる一作だと思う。それにしても、「肩書」で「感動」するのは素人一般人だけではないらしいと知り、聊か溜飲を下げる(笑)。 …続きを読む
    RIN
    2015年09月27日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品