試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年06月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041002841

ロウソクの科学

  • 著者 ファラデー
  • 訳者 三石 巌
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年06月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041002841

永遠の名著、読みやすい新装版で登場!

日本のノーベル賞受賞者2名が、ともに小学生のときに読んで、その後の進路に大きな影響を与えた、と語った本として話題化した一冊!

たった一本のロウソクをめぐりながら、ファラデーはその種類、製法、燃焼、生成物質を語ることによって、科学と自然、人間との深い交わりを伝える。時を超えて読者の胸を打つ感動的名著。

ノーベル化学賞が決まった吉野彰氏の「化学への興味を持つ原点」となった運命の1冊。2016年にも、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典氏が科学者を志すきっかけになったと明かして注目された。

「この宇宙をまんべんなく支配するもろもろの法則のうちで、ロウソクが見せてくれる現象にかかわりをもたないものは一つもないといってよいくらいです」ロンドンの貧しい鍛冶屋の家に生まれたファラデーは、1本のロウソクを用いて科学と自然、人間との深い交わりを伝えようとする。子供たちへの慈愛に満ちた語りと鮮やかな実験の数々は、科学の面白さ、そして人類の未来をも照らしだす。

時代を超えて、常に理科の先生が子どもたちに読んでもらいたいと考える「永遠の名著」が、読みやすい新装版で登場!

「原始時代のたいまつからパラフィンロウソクにいたるまで、その道のりの何と遠いことであろう。
 人間が暗夜にその家を照らす方法は、ただちにその人間の文明の尺度を刻む。
(中略)
 ロウソクはいまや、自然界の暗黒の場所を照らしだすためにつくられた。吹管とプリズムとは、地殻に関する知識を追加しつつある。しかし、たいまつの光、いや知性の光はまっ先にたたねばならぬ。
 本書の読者のうちのいくたりかは、知識の蓄積を増すことに一生を捧げることであろう。科学のともし火は燃えあがらねばならぬ。
 炎よ行け。 」(W クルックスの序文より)

メディアミックス情報

NEWS

「ロウソクの科学」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。某ノーベル賞科学者が読んでいたという事で話題になった本。専門的な部分とロウソクに興味が薄いのでなかなか頭に入らない。あと著者の講演から記述した感じで動画とかなら理解出来たかも。 図書館本。某ノーベル賞科学者が読んでいたという事で話題になった本。専門的な部分とロウソクに興味が薄いのでなかなか頭に入らない。あと著者の講演から記述した感じで動画とかなら理解出来たかも。
    ナイスネイチャ
    2020年03月29日
    123人がナイス!しています
  • 数年前から積んでいたのを、ノーベル賞受賞者の方が言及されていたので、意を決して読む。この内容を、今の話し言葉で実験教室で見せてもらったらとても楽しいだろう。図も少ないから、字を追うだけは少しつらい。し 数年前から積んでいたのを、ノーベル賞受賞者の方が言及されていたので、意を決して読む。この内容を、今の話し言葉で実験教室で見せてもらったらとても楽しいだろう。図も少ないから、字を追うだけは少しつらい。しかし、見慣れた元素の話は想像しやすかった。水素は水になろうとするとか、水素入りの風船を爆発させたり、鉄を燃やしたり。炎の話では、子供が低学年の頃に勝手にしてリビングが焦げ臭くなった実験を思い出した。よく火事にならなかったものだと今思い出してもひやっとなる。 …続きを読む
    ケイ
    2019年12月29日
    123人がナイス!しています
  • ノーベル賞受賞者推薦の本ということで読んだ。ますは、この本が150年以上前、イギリス王立研究所で行われた六回のクリスマス講演をまとめたものだということに驚いた。ファラデーはこの講演の中で自ら実験も行い ノーベル賞受賞者推薦の本ということで読んだ。ますは、この本が150年以上前、イギリス王立研究所で行われた六回のクリスマス講演をまとめたものだということに驚いた。ファラデーはこの講演の中で自ら実験も行い、わかりやすい講演を行っていると思ったが、実際この本で講演の内容を理解するのは難しい。この講演を今行うとすれば、実際に講演を聞けなくても、映像や写真などを使って実験の内容も知ることもできるだろうと、時代を感じる。しかし、ノーベル賞を受賞するような方々にとっては、知的好奇心に火をつけてくれる本なのかもしれない。 …続きを読む
    hiro
    2019年11月08日
    93人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品